ケイ×ヤク―あぶない相棒―:最終回迎え「ロスがやばい」 鈴木伸之&犬飼貴丈コンビに「最高」の声 「続編がありそう」と期待する視聴者も

「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが主演を務める連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の最終回のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 1
「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが主演を務める連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の最終回のワンシーン=読売テレビ提供

 「劇団EXILE」の鈴木伸之さん主演で、犬飼貴丈さんも出演する連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の最終回が、3月17日に放送された。最終回を迎え、視聴者からは「既にロスがやばい……来週一狼と獅郎に会えない寂しさをどうしたらいいんだ」「鈴木さんと犬飼さんのコンビ本当に最高。続編期待してます!」などの声が続々と上がった。

 最終回では、一狼(鈴木さん)と獅郎(犬飼さん)は、20年前のビル爆破事件の全容を明らかにするため、匡(吉村界人さん)と幸子(中田クルミさん)の監禁場所を特定し、奪還作戦に臨む様子が描かれた。

 SNS上では、「犬飼あっちゃんも鈴木伸之くんも、ケイヤクは最高の役だったな」「犬飼鈴木ペアは美しかったです」「一狼と獅郎を鈴木さんと犬飼さんが演じてくれて良かった。この2人だから出た化学反応があった」などのコメントが並んだ。

 また、「続編がありそうな終わり方だったな。あるといいな」「絶対ロスになると思ってたし実際もう寂しいけど、続きがありそうやから気持ち保てそう」と続編を期待する声も上がっていた。

 ラストの「おまけ」では、一泊旅行に向かうため、荷造りを行う一狼と獅郎の姿が描かれた。おもちゃをたくさん持っていこうとする獅郎に、一狼が「お前のスーツケースはおもちゃ箱か」とツッコミを入れるシーンもあり、SNSでは「おまけめっちゃ獅郎くん可愛かったぁ」という意見も上がっていた。

テレビ 最新記事