DCU:最終回迎え「ロス」訴える視聴者続出 「続編がありそうな終わり方」「映画化希望」と期待の声も(ネタバレあり)

連続ドラマ「DCU」最終回のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「DCU」最終回のワンシーン(C)TBS

 俳優の阿部寛さんが主演するTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「DCU」最終回が、3月20日に放送された。最終回を迎え、視聴者からは「DCUロスがヤバいです」「絶賛ロス!」「続編期待しています」といった声が続出した。

 ◇以下、ネタバレがあります。

 ドラマは、TBSが海外の大手制作会社であるケシェット・インターナショナル、ファセット4メディアと共同制作したオリジナル作。阿部さん、横浜流星さん、高橋光臣さん、岡崎体育さん、お笑いコンビ「土佐兄弟」の有輝さんらが出演し、水中での事件・事故の捜査に特化した架空組織「DCU(Deep Crime Unit、潜水特殊捜査隊)」の活躍を描く“ウオーターミステリー”。

 最終回では、海保の基地内で爆発物が発見される。爆発物の解除と瀬能陽生(横浜流星さん)の父が残した遠隔システムの設計図を巡る攻防戦の中、 部長の佐久間雄二(佃典彦さん)が15年前からテロ組織「ブラックバタフライ」と内通して、一連の事件を裏で糸を引いていたことが判明し……と展開した。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#DCU」が世界トレンド2位となるなど、大きな盛り上がりを見せた。SNSでは、「最終回素晴らしかった」「ロス感半端ない」「DCUのメンバー全員ロス」などのコメントが並んだ。

 ラストでは、吉川晃司さん演じる成合淳が姿を消すことに。阿部さん演じる新名正義が、「あいつが完全に(テロ組織の)ブラックバタフライならな」と語り、成合が味方か、敵なのかはっきりとは分からない展開。SNSでは「続編がありそうな終わり方だったからちょっと期待してる」「なんだか続編ありそうな期待大でまっちょる」「続編か、映画化希望しています」と続編を希望する声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る