反町隆史:「相棒」“最多出演”「目指していた」 水谷豊から「どんな相棒だったか」「卒業を聞いたときの気持ち」明かされ、涙 

3月22日放送の「徹子の部屋」に出演する反町隆史さん=テレビ朝日提供
1 / 1
3月22日放送の「徹子の部屋」に出演する反町隆史さん=テレビ朝日提供

 俳優の反町隆史さんが、3月22日午後1時から放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演する。人気刑事ドラマシリーズ「相棒」(同)で2015年から杉下右京(水谷豊さん)の“4代目相棒”の冠城亘役を演じている反町さん。23日午後9時から放送の「相棒 season20最終回スペシャル『冠城亘最後の事件―特命係との別離』」で、同シリーズを“卒業”するが、これまでの7年間を振り返り、卒業する心境、敬愛する大先輩・水谷さんへの思いを語る。

 反町さん演じる亘は、昨年11月放送の「season20」第7話で、歴代の相棒としては最多となる登場回数125回に到達し、今も記録を更新し続けている。黒柳さんから最多出演を迎えた際の気持ちを尋ねられると、「途中から自分の中で“最多出演”を目指していたので、言葉にはならない感情がありました。しかも、水谷さんが本当に喜んでくれたんです」としみじみ振り返る。

 番組では、2人のプライベートでの親交にも迫る。琵琶湖でボートに乗った笑顔の写真や、北海道のゴルフ場での記念ショットなど、2人の貴重なオフショット写真も公開する。

 さらに、水谷さんから反町さんに宛てた手紙もサプライズで登場する。黒柳さんが「水谷さんからお手紙があります」と告げると、反町さんは「え!?……本当ですか」と目を丸くする。黒柳さんが代読する手紙には、「一番心に残っている反町さんのエピソード」「自身にとって反町さんはどんな相棒だったか」「卒業を聞いたときの気持ち」「これからの反町さんへのメッセージ」がつづられており、聞いている内に反町さんの目には涙が。

 そして「7年間、愛情をいただいて……。.役者としてもそうですが、人間としても教えていただきました。主演俳優としての在り方も学ばせていただいて、感謝しかありません」と感謝の思いを語る。

 番組ではこのほか、「相棒」で共演する浅利陽介さんが目撃した反町さんの意外な素顔が明かされるほか、子どもの頃からの趣味だという釣りの話題も語られる。

テレビ 最新記事