カムカムエヴリバディ:「驚きの女神」は誰!? SNSで考察盛り上がる 「やはり安子?」「あの中に?」の声

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第101回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第101回の一場面 (C)NHK

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第101回が3月24日に放送。終盤、ハリウッドの映画製作チームが視察のために映画村にやってくると、「結局7の月に恐怖の大王は来ませんでした。代わりに驚きの女神が来ていたことにひなたはまだ気づいていませんでした」とナレーションが流れた。

 気になるワードに、ツイッターでは「驚きの女神」がトレンド入り。「驚きの女神って誰!?」「驚きの女神とはやはり安子……」「ナレーションも気になる」「驚きの女神は、ハリウッド一行の中にいるとしたら、安子が……?」「驚きの女神って、まさあの中にいたおばあちゃんに……?」「白髪の女性が気になったんだけど」と考察が続々と上がり、盛り上がっていた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画