映画興行成績:「SING/シング:ネクストステージ」V2 実写「おそ松さん」は2位発進

劇場版アニメ「SING/シング:ネクストステージ」のビジュアル(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
1 / 1
劇場版アニメ「SING/シング:ネクストステージ」のビジュアル(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

 3月28日に発表された26、27日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、「ミニオンズ」などのイルミネーション・エンターテインメントの劇場版アニメ「SING/シング」の続編「SING/シング:ネクストステージ」(ガース・ジェニングス監督)が2週連続で首位を獲得した。土日2日間で約23万8000人を動員し、興行収入は約3億1400万円を記録。累計では、動員が108万人、興行収入が13億8300万円を突破している。

 初登場作品では、アニメ「おそ松さん」を人気グループ「Snow Man(スノーマン)」主演で実写化した「映画『おそ松さん』」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)が2位にランクイン。土日2日間で動員約22万1000人、興行収入約3億1000万円を記録した。3月25日の公開初日から3日間の累計では、動員が約45万9000人、興行収入が約6億4300万円を記録する好スタートを切った。「シェイプ・オブ・ウォーター」でアカデミー賞4冠に輝くギレルモ・デル・トロ監督のサスペンス映画「ナイトメア・アリー」は、7位発進となった。

 累計では、今回3位の劇場版アニメ「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ) 2021」(山口晋監督)が動員136万人、興行収入16億円を突破。4位の「余命10年」(藤井道人監督)が動員155万人を突破し、興行収入は20億円に近付いている。公開14週目で今回6位となった劇場版アニメ「劇場版 呪術廻戦 0」(朴性厚監督)は、動員938万人、興行収入131億6000万円を突破し、歴代興行収入ランキングで19位となった。

 1位 SING/シング:ネクストステージ
 2位 映画「おそ松さん」
 3位 映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争
 4位 余命10年
 5位 THE BATMAN-ザ・バットマン-
 6位 劇場版 呪術廻戦 0
 7位 ナイトメア・アリー
 8位 KAPPEI カッペイ
 9位 映画おしりたんてい シリアーティ
 10位 ドライブ・マイ・カー

映画 最新記事