魔法使い黎明期:梅田修一朗「知っていくこと」を大切に 岡咲美保は岡山弁全開!?

「魔法使い黎明期」に出演する梅田修一朗さん(左)と岡咲美保さん
1 / 2
「魔法使い黎明期」に出演する梅田修一朗さん(左)と岡咲美保さん

 テレビアニメ化された「ゼロから始める魔法の書」などの虎走かけるさんのライトノベルが原作のテレビアニメ「魔法使い黎明期」が、4月7日深夜からTBSほかで順次放送される。教会と魔女の和平が成立した魔法使いの黎明期を舞台に、魔法使いを目指す主人公・セービル(セブ)が仲間と共に“自分”を見つける姿が描かれる。セービル役の梅田修一朗さんは、同じく4月にスタートするテレビアニメ「可愛いだけじゃない式守さん」でもメインキャラクターの和泉を演じることも話題の若手声優だ。梅田さん、何百年も生きる魔女のロー・クリスタス(ロス)役の岡咲美保さんに、アフレコの様子、作品への思いを聞いた。

 ◇あだ名で呼び合う 温かい現場

 --作品の印象は?

 梅田さん 最近のファンタジー作品は異世界転生のイメージがありますが、転生ではなく最初からファンタジー世界が舞台の作品です。僕自身、これまであまりファンタジー作品に触れてこなかったのですが、作品の世界に入りやすく、楽しみながら読みました。

 岡咲さん 深い話もあって、読み手によっていろいろな捉え方ができるところもありますよね。メインキャラクターは、そんなに多くはないのですが、一人一人の人生に触れ、胸をえぐられるような感覚もありました。私が演じるロスは何百年も生きていて、いろいろなことがありますが、みんなを明るく引っ張っていく、物語のキーになるキャラクターです。「ロス、いいね!」と読んでいました。

 --セブは成長、変化があるキャラクターです。

 梅田さん セブ君には過去がありますが、記憶を失っている。感情もあるけど、表情の作り方が分からないというキャラクターです。物語の中でも「どうして僕は表情筋が死んでいるんだ?」となるシーンがあります。無感情のようにしゃべります。そこを大事に演じようとしました。セブ君として大事なのは「知っていくこと」です。僕自身も収録の中で「知っていくこと」ばかりでした。知らないことを知っていくことに共感していました。

 --緊張した?

 梅田さん 最初のアフレコのことは緊張で覚えていないところもあります。後からスタッフの方から「落ち着いていたね」と言っていただいたのですが、実感がないんです。「落ち着いていたんだ!?」と。

 岡咲さん 最初の収録で、梅田さんがどら焼きを差し入れで持ってきてくれたんです。すごく気を使ってくれる方なんだなという印象でした。(梅田さんとは)ほぼ同期で、共通の知り合いも多かったこともあって、最初に「あだ名で呼び合いますか?」と話をさせていただきました。いい雰囲気でアフレコをしています。

 梅田さん ありがとう。

 --あだ名は?

 梅田さん “おみほ”です。

 岡咲さん “うめ”です。

 --若手が多い現場だった?

 岡咲さん (ホルト役の)鈴代紗弓さんは同期で“おさゆ”と呼んでいます。(クドー役の)八代拓さんは先輩ですが、とても温かい方で、私たちの冗談に付き合っていただいて、お兄さんですが、距離が近く、楽しい雰囲気です。掛け合いのシーンがすごく楽しいですね。

 梅田さん 温かい現場で、幸せです。

 ◇ロスの「じゃ」は岡山弁!?

 --ロスを演じる中で意識したことは?

 岡咲さん シーンによっていろいろな表情を見せることが課題だと思っていました。300年生きる中で、生徒を引率することは新鮮で楽しいことなので、そこの感情を出していきたいと思いました。先生!というよりは、仲間たち、同年代と旅をしているというふうに、はしゃぐところは、はしゃぐ。ストッパーをかけないようにしました。一方、魔術の知識があり、導いていく役割もあるので、ふとした時の表情、生徒がピンチの時にどう対応するのか?など何百年もの経験値も表現することで、ギャップを感じていただけるように演じました。

 --一人称は“我(われ)”です。

 岡咲さん そうなんです。300年生きていますからね。「じゃのう」「じゃから」としゃべるので、言い回しがある程度決まっているので、感情を入れようとしても、単調に聞こえてしまうこともあります。分かりやすく感情の揺れを伝えられるように自分なりに研究しました。私は岡山県出身で、「じゃ」という言葉を方言として普通に使っていたんです。結構近いんですよ。なので、この現場では、ロス役を引きずって、収録が終わった後も岡山弁全開になることがありました(笑い)。方言を取り戻しつつあります。

 梅田さん 僕は収録では、セブ君としてロス先生としゃべっています。収録後の岡山弁に気付かなかった(笑い)。

 ◇花守ゆみりと共演に感動!

 --梅田さんは収録が進む中で緊張がほぐれてきた?

 梅田さん まだあります。でも、やるぞ!という気持ちで臨んでいます。全力で作品と向き合っています。初めてのことばかりで、いろいろなことを学び、発見もあり、幸せです。ありがたいことです。

 --共演者の演技から刺激を受けることも?

 梅田さん ロス先生は、いろいろなことを教えてくれるキャラクターです。ホルトは同年代の女の子で、恋を知ることになります。クドーとは友情を育みます。僕も演じながら、いろいろなことを感じていました。岡咲さんとは、セブ君としてロス先生に接するような感情もありました。安心できるんです。

 岡咲さん ロスとして収録に臨んでいるので、セブ君が刺激を受けている姿を見て、私もロスと同じように「よかったのぉ」という気持ちです。梅田さんと話す時は、同年代の尊敬できる役者としてお話ししていますがマイク前ではロスのような気持ちになっています。

 -ー「ゼロから始める魔法の書」にも出演していた花守ゆみりさんが、正体不明の泥闇の魔女として出演することも話題になっています。

 梅田さん 「ゼロ~」を全話見て、ファンになったので、花守さんとお会いして感動しました。尊敬している方ですし、共演できることが幸せでした。貴重な経験でした。

 岡咲さん ゆみりさんは、初めて主人公を演じさせていただいた作品でも共演させていただいて、仲良くさせていただいています。今回、数年ぶりの掛け合いだったんです。お互い、キャッキャしていました(笑い)。ゆみりさんのお芝居が本当に大好きなんです。格好いいです!

 --最後にファンへのメッセージをお願いします。

 岡咲さん 本当にすてきな作品です。私も物語に入り込んで演じさせていただきました。それぞれのキャラクターが思いを抱えていて、感情を揺さぶられるはずです。ロスとしていろいろな表情を見せられるように頑張っています! 戦闘シーンもとてもとても格好いいです! ぜひ、楽しんでいただけるとうれしいです。

 梅田さん 個性豊かなキャラクターが旅をしていきます。セブ君がどのように世界を見ているのかにも注目していただけると、より感動できるはずです。セブ君にとっては全部が初めての出来事です。自分も一緒に旅をしている気持ちになるはずです。旅を見届けていただけるとうれしいです。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事