カムカムエヴリバディ:ひなた、五十嵐に2度目の失恋 ネットで同情集まる 「もっといい人いる!」の声も

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第105回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第105回の一場面 (C)NHK

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第105回が3月30日に放送。元彼の五十嵐(本郷奏多さん)から、別の女性にプロポーズすると切り出されたひなた(川栄さん)に、ネットで同情の声が集まった。

 五十嵐からバーに誘われ、おしゃれをして向かったひなた。ひなたとの再会で「やっと決心がついた」という五十嵐は「結婚するよ」と告白。ひなたは驚いた様子で「誰と……?」と聞くと、五十嵐は「デイジーと」と語る。誰だか分からず困惑するひなたに、五十嵐は「『サムライ・ベースボール』のコスチューム担当の子」と明かす。

 五十嵐は「俺はまだまだ駆け出しで、英語だって片言だし。本当にこの先、アメリカでやっていけるのかって思ってたけど、もう迷わない。堂々とプロポーズするよ」と宣言。いい人がいないのかと聞かれたひなたは「私は今は、仕事が楽しい」と話し、吹っ切れたように五十嵐の結婚を祝福。五十嵐がバーを後にすると、ひなたは「これが人生」と悟ったような表情を見せていた。

 元彼である五十嵐に2度も失恋したひなたに、SNSでは「ひなたがかわいそう」「同じ相手から2度振られるのはつらいよね」「さすがに2度もひなたが振られるのは悲しいです」「ひなたがどんな気持ちでおしゃれをしてデートに出掛けたのかと思うと切ない」「ひなたには、もっといい人いるはず!」「ひなたは初恋のビリーと結婚できたらいいと思います」と同情の声が上がった。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事