水瀬いのり:「阿波連さんははかれない」 阿波連さん役で腹筋酷使 学生時代は「いきすぎた妄想」も?

「阿波連さんははかれない」の阿波連れいな役の水瀬いのりさん
1 / 5
「阿波連さんははかれない」の阿波連れいな役の水瀬いのりさん

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中の水あさとさんの青春ラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「阿波連(あはれん)さんははかれない」が、4月1日からMBS・TBSほかの深夜アニメ枠「アニメイズム」で放送される。同作のメインキャラクターで、他人との距離をはかるのが苦手な女の子・阿波連れいな(阿波連さん)を演じるのが、人気声優の水瀬いのりさんだ。阿波連さんは、聞き取れないほどの小声で話すキャラクターで、阿波連さん自身がどんな女の子かを周囲が「はかれない」のも作品の魅力になっている。水瀬さんは「れいなちゃんを演じる時に声に強弱をつけてしまうと『はかれて』しまうんです。声のボリュームを一定に保つのが難しくて、しゃべり終わった後はいつも『腹筋使った……!』と。繊細かつ体力がいりました」と話す。演技のこだわりや、学生時代の友達作りについて聞いた。

 ◇阿波連さんは「すごく格好いい」

 「阿波連さんははかれない」は、とある高校に通う小柄で物静かな阿波連れいな、隣の席に座る男子・ライドウの“はかれない”日常を描く青春ラブコメディー。2017年1月に連載をスタートし、総閲覧数が1億2000万回を突破するなど人気を集めている。アニメは、水瀬さんが阿波連さん、寺島拓篤さんがライドウを演じるほか、M・A・Oさん、柿原徹也さん、楠木ともりさん、花澤香菜さんらが出演する。

 水瀬さんは、原作を読み、「すごく温かく優しい物語の中にれいなちゃんとライドウくんの成長を感じて、2人のやりとりを見ているだけで本当に幸せで、ずっと見ていたいと思いました」と感じたという。

 水瀬さんが演じる阿波連さんは、幼いころから人との距離をはかるのが苦手で、それゆえに友達作りに苦労した過去がある。高校では失敗しないように気を付けておとなしくしていたが、ライドウと出会い、心を通わせていく。水瀬さんは、阿波連さんを「すごく格好いい」と話す。

 「れいなちゃんは、すごく自分を持っている女の子だなと思いました。れいなちゃんは友達になったライドウくんに突然抱きついてしまったり、仲良くなると物理的な距離がすごく近くなるので、れいなちゃんがれいなちゃんらしくいることって、すごく難しいことだと思うんです。でも、自分らしく学校生活を楽しんでいるれいなちゃんは、私から見るとすごく格好いいなと感じました」

 ◇はかれない阿波連さんを表現するために 「繊細かつ体力がいる」

 水瀬さんは、阿波連さんについて「声のボリュームは小さいんですけど、感情表現の振れ幅が小さいキャラクターでは全くなくて、彼女の中でいろいろなことを考えている」と分析し、そんな阿波連さんを表現することは「すごく難しかった」と語る。

 「いわゆるクールな女の子という役作りとは全く違いました。アフレコでは、『感情の動きはあるけど、声のボリュームは一定』というディレクションをいただいたのですが、私も演じながら楽しくなってきて、『ここもっとこうしたい』というせりふが出てくると、どうしてもボリュームが上がってしまう。音響監督から『そこは気持ちは上がるんだけど、声のボリュームは一定で、出過ぎないように頑張って』と。声のボリュームが一定というのが、れいなちゃんの『はかれなさ』につながるので、すごく意識して演じました」

 水瀬さんは一定の声のボリュームを保つために「細心の注意を払いながら、おなかでボリュームをコントロールした」という。

 「喋り終わった後は『腹筋使った……!』と(笑い)。彼女を演じるのって、思っていた以上に繊細かつ体力がいるんだなと思いました。大きな声を出すからこそ疲れるんじゃなくて、小さな声でしゃべり続けることにもすごく注意が必要というか。彼女は自然体でそれをやっているから、私もなるべく自然にれいなちゃんになるという作業がすごく難しかったです。それに『しゃべり慣れすぎない』というのも大事で、れいなちゃんのたどたどしさだったり、長く発声することに慣れてない感じも、演じる上での一つの柱になりました」

 ◇暴れるライドウくん、スカす阿波連さん 掛け合いで生まれる「奇跡」

 “はかれない”阿波連さんと友達になるライドウとのコミカルなやり取りや、ライドウが阿波連さんについて繰り広げる妄想も、同作の大きな魅力となっている。水瀬さんは原作を読み、一番気になったのがライドウのキャスティングだったという。ライドウ役が寺島さんと聞いた時は「どんなふうにライドウくんを演じられるんだろうと、想像が膨らんで、すごくアフレコが楽しみになりました」と話す。

 「れいなちゃんもなかなかユニークなキャラクターなんですけど、話が進むにつれて、『いや、ライドウくんがやばくない?』というふうにどんどんなっていくんですよね(笑い)。ライドウくんの中にあるはかり知れない妄想力というか。意外とれいなちゃんのほうが人間味があって、ライドウくんの方がぶっ飛んでるというのが徐々に分かっていくんです」

 収録で掛け合うからこそ生まれた面白さもあったという。

 「寺島さんが演じるライドウくんが妄想で激しく盛り上げてくれるからこそ、れいなちゃんの面白さが効いてくるというか。それは、おうちで一人で練習している時には感じなかった手応えがありました。ライドウくんのパスを受けて、れいなちゃんがホームランを打つみたいな(笑い)。本当に二人のかみ合わせが大事なので、寺島さんが演じるライドウくんが暴れてくれたからこそ、れいなちゃんが全力でスカして、面白いっていう奇跡を表現できたんじゃないかと思います」

 ◇学生時代は「3分の2を狙った」? 勇気出した“消しゴム”エピソードも

 阿波連さんを演じる水瀬さんに、自身の学生時代についても聞いてみると、「自分らしく学校生活を謳歌(おうか)することは全然できなくて……」とエピソードを明かした。

 「れいなちゃんのように自分のペースを貫きたかったんですけど、やっぱり学校の中の共同生活で、どうしても空気を読みにいってしまうタイプというか。なるべく先頭に立つのは嫌だけど、最後尾も嫌だから、3分の2ぐらいを狙いながら生きるみたいな(笑い)。なるべく平穏に、何事もなく過ごせればいいなあという思いで過ごしていました」

 そんな中、友達作りのきっかけはアニメだったという。

 「当時は、『らき☆すた』や『ハルヒ』(涼宮ハルヒの憂鬱)がすごくはやっていて、私もすごく好きだったので、キャラクターのキーホルダーをペンケースに付けていたんです。それをクラスメートが見つけてくれたのがきっかけで友達に。当時は、自分から話しかけることも全然できなかったので、引っ張ってくれた友達に感謝しています」

 「阿波連さんははかれない」では、ライドウくんが阿波連さんに消しゴムを貸したことをきっかけに関係が始まる様子が描かれる。水瀬さんにも学生時代に似た経験があると語る。

 「私は一人っ子ということもあって、異性に対して怖いイメージがあって、『何を話せばいいんだろう?』『話しかけたら好きって思われちゃうかな』みたいないきすぎた妄想をしていた時期があったんです(笑い)。そんな時、同じクラスの男子が消しゴムを落として、それを私が勇気を出して拾ったんですけど、向こうは普通に『ありがとう』といってくれて、これぐらい普通のできごとなんだ!と思いました。その後、学校でバスケの大会があった時も、男女混合チームで分け隔てなくパスを交換できたので、自分の中でちょっと人間力が上がったなと(笑い)」

 学生時代の可愛らしいエピソードを明かしてくれた水瀬さんは、「『阿波連さんははかれない』も勇気を出すことによって自分の未来が変わる瞬間が意外と近くに転がってるかもしれないということを感じさせてくれる物語」といい、「誰かと近い距離で話す、コミュニケーションを取ることの大切さを感じ取っていただけたらうれしいです」と笑顔を見せた。

 いろいろな意味で“はかれない”阿波連さんとライドウくんの青春に思わずほっこりさせられるはずだ。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る