乃木坂46岩本蓮加:高校卒業で「全部前向きに頑張っていけたら」 三宅伸行監督は“コメディエンヌ”の才能太鼓判

映画「世の中にたえて桜のなかりせば」公開記念舞台あいさつに登壇した乃木坂46の岩本蓮加さん
1 / 6
映画「世の中にたえて桜のなかりせば」公開記念舞台あいさつに登壇した乃木坂46の岩本蓮加さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の岩本蓮加さんが4月2日、東京都内で行われた主演映画「世の中にたえて桜のなかりせば」(三宅伸行監督)の公開記念舞台あいさつに登壇。3月に高校を卒業したばかりの岩本さんは、司会から「(ご卒業)おめでとうございます」と祝福されると、観客からも歓声の代わりに温かい拍手が送られた。岩本さんは「ありがとうございます」と感謝して、「今までできなかったようなこととか、活動の幅とかも広がっていくと思うので、全部前向きに頑張っていけたらいいなと思います」と意気込んだ。

 今作でダブル主演を務めた故・宝田明さんに「大女優の片鱗(へんりん)がある」と絶賛された岩本さんは、司会から女優業について聞かれると、「この作品から学べたことがたくさんあるので、また次に生かせられる機会があったら良いなと思います」と笑顔を見せた。

 隣の三宅監督から「今作でも、そういう部分が垣間見えたのですが、コメディエンヌというか、そういう要素がすごくあるんじゃないかと思うので、もっと見てみたいと思います」と言われると、照れ笑いを浮かべていた。
 
 映画は「桜の季節」と「終活」をテーマに、終活アドバイザーのアルバイトをしている不登校の女子高生・咲(岩本さん)と、同僚の老紳士・敬三(宝田さん)との心温まる交流を描くヒューマンストーリー。3月14日に逝去した宝田さんの遺作となった。

写真を見る全 6 枚

映画 最新記事