お兄ちゃんはおしまい!:「Comic REX」人気作がテレビアニメ化 スタジオバインド制作 高野麻里佳が“元お兄ちゃん”に 妹は石原夏織

「お兄ちゃんはおしまい!」のティザービジュアル(C)ねことうふ・一迅社/「おにまい」製作委員会
1 / 8
「お兄ちゃんはおしまい!」のティザービジュアル(C)ねことうふ・一迅社/「おにまい」製作委員会

 「月刊Comic REX(レックス)」(一迅社)で連載中のねことうふさんのマンガ「お兄ちゃんはおしまい!」がテレビアニメ化されることが4月22日、分かった。可愛い女の子の姿となった“元お兄ちゃん”緒山まひろが描かれたティザービジュアルが公開された。アニメは「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」などに参加してきた藤井慎吾さんが監督を務め、スタジオバインドが制作する。藤井さんがテレビアニメシリーズの監督を務めるのは初めて。メインキャストも発表され、ドラマCDと同じく高野麻里佳さんが主人公・緒山まひろ、石原夏織さんが妹の緒山みはりをそれぞれ演じることが分かった。

 原作者のねことうふさんは「同人誌から始まり、育ててきた作品がまさかここまで大きくなるとは、感無量でございます。アニメ化発表日が偶然みはりの誕生日でしたので、3月のまひろの誕生日からの連作という形で、ささやかなお礼も込めてマンガでサプライズ発表させていただきました。ファンの皆様にも喜んでいただけますと幸いです。私と一緒に、放送日をどうぞお楽しみに!」とコメント。

 高野さんは「満を持してのアニメ化! とっても感慨深いです! ドラマCDにも長く携わっていたので、“続投”できる喜びをかみ締めています。今は、お世話になってきた作者のねことうふさんをたくさん祝福したいです!」と喜んでいる。

 石原さんは「ドラマCDを収録している時からアニメ化を願っていたので本当にうれしいです。そして、一緒に担当していたキャストの皆さんたちと共に再び担当させていただけて幸せです!」と話している。

 同作は、ニートの緒山まひろが、妹に飲まされた怪しい薬で女の子にされてしまい、女の子としての生活に苦戦しつつも、引きこもりから卒業しようと奮闘する姿が描かれている。同人誌が人気を集め、2018年6月に商業版コミックス第1巻が一迅社から発売された。2019年6月から「月刊ComicREX」で連載されている。

 「アニメ化してほしい漫画ランキング2020」で3位に選ばれるなど人気を集めており、コミックスの累計発行部数は50万部以上。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:藤井慎吾▽シリーズ構成:横手美智子▽キャラクターデザイン:今村亮▽プロデュース:EGG FIRM▽制作:スタジオバインド

 ◇キャスト(敬称略)

 緒山まひろ:高野麻里佳▽緒山みはり:石原夏織

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画