おとなりに銀河:「甘々と稲妻」作者の最新作がテレビアニメ化 2023年放送 主人公声優に八代拓 和久井優も

「おとなりに銀河」のティザービジュアル(C)雨隠ギド・講談社/おとなりに銀河製作委員会
1 / 4
「おとなりに銀河」のティザービジュアル(C)雨隠ギド・講談社/おとなりに銀河製作委員会

 テレビアニメ化もされたマンガ「甘々と稲妻」で知られる雨隠ギドさんの最新作「おとなりに銀河」がテレビアニメ化され、2023年に放送されることが4月27日、分かった。売れないマンガ家と異種族の姫が登場するラブコメディーで、八代拓さんが主人公のマンガ家・久我一郎、和久井優さんがヒロインの五色しおりをそれぞれ演じることも発表された。

ウナギノボリ

 「アイカツ!」などの木村隆一さんが監督を務め、市川十億衛門さんがシリーズ構成、大滝那佳さんがキャラクターデザインを担当する。旭プロダクションが制作する。

 「おとなりに銀河」は、「good!アフタヌーン」(講談社)で連載中のマンガ。売れないマンガ家の久我一郎と、敏腕アシスタントの五色しおりの恋模様が描かれる。幼い妹弟を養うため売れないマンガ家業に精を出す久我一郎の元に美しいアシスタントの五色しおりが現れるが、実は五色は宇宙から流れ着いた異種族の姫だった……というストーリー。コミックスが第3巻まで発売されている。最新4巻が5月6日に発売される。

 木村隆一監督は「五色さんと久我くんのとてつもなく真っすぐでキュンキュンする恋愛をそのまま真っすぐ鮮やかに皆さんの元へ届けます。恋なんて忘れてしまったあなたも今まさに恋してるあなたも、一緒に見届けてください! お楽しみに!!」とコメントを寄せている。

 八代さんは「ひたすら真っすぐで不器用で人想(おも)いな彼を、精いっぱい演じさせていただきます。この作品の持つ、家族愛に満ちた温かさと、不思議なファンタジーの混ざり合った世界観を、アニメーションでもぜひ楽しんでいただけたらうれしいです! よろしくお願いいたします!」とコメント。

 和久井さんは「甘々でドキドキで、ちょっと苦しくて……原作を読ませていただいている最中、何度も胸がきゅ~っとなりました。しおりちゃんのキラキラとした表情や真っすぐな気持ちを、アニメでもしっかりと表現できるよう心を込めて演じる所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします」と話している。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画