機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島:新カットに異形のドアン専用ザク ガンダム、サザンクロス隊の高機動型ザクも

「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」の一場面(C)創通・サンライズ
1 / 13
「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」の一場面(C)創通・サンライズ

 アニメ「機動戦士ガンダム」のアニメーションディレクターやキャラクターデザインなどを担当した安彦良和さんが監督を務める劇場版アニメ「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」(6月3日公開)の新カットが公開された。アムロ・レイが操縦するRX-78-02 ガンダム、ククルス・ドアンが操縦する異形のMS-06F ドアン専用ザク、サザンクロス隊の搭乗機、MS-06GD 高機動型ザク(地上用)などが描かれている。

 残置諜者掃討任務出発前のアムロ・レイと心配そうに見つめるアムロの幼なじみフラウ・ボゥ、ククルス・ドアンと子供たちの和やかな日常を切り取った一場面、パイロットスーツ姿の美しいセイラ・マス、内緒話をするスレッガー・ロウとミライ・ヤシマ、カイ・シデンが操縦するRX-77-02 ガンキャノンに驚き、逃げる島の子供たち、ヤギのブランカの乳搾りシーンなども公開された。

 安彦監督が描き下ろした劇場バナーも公開。アムロ・レイとククルス・ドアン、RX-78-02ガンダムとMS-06Fドアン専用ザクが描かれている。ククルス・ドアンがアムロ・レイを強くにらむが、アムロ・レイは目をそらして、どこか遠くを見つめている様子。サザンクロス隊が操縦するMS-06GD高機動型ザク(地上用)が進撃する姿も描かれている。

 「ククルス・ドアンの島」は、1979年に放送された「機動戦士ガンダム」のテレビアニメ第15話のエピソードで、主人公のアムロ・レイが敵対するジオン軍の脱走兵ドアンとの交流を通じて、戦争の哀愁が描かれた。劇場版では第15話を改めて描く。

写真を見る全 13 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る