長澤まさみ:「シン・ウルトラマン」に「高揚感」 「一回見ただけでは処理しきれない」

「シン・ウルトラマン」の完成報告会に登場した長澤まさみさん
1 / 1
「シン・ウルトラマン」の完成報告会に登場した長澤まさみさん

 庵野秀明さんが企画・脚本を担当し、樋口真嗣さんが監督を務める特撮ドラマ「ウルトラマン」の映画「シン・ウルトラマン」(5月13日公開)の完成報告会が5月2日、セルリアンタワー東急ホテル(東京都渋谷区)で行われ、主人公の神永新二役の斎藤工さん、神永の相棒となる禍特対(カトクタイ)の分析官・浅見弘子役の長澤まさみさんらが登場した。

 長澤さんは、この日のイベントの前に完成した映画を見たといい、「ビックリしたというのが見終わった時の感想です」とコメント。「禍特対がとても活躍していて、チームワークというか、一人一人の感情が生き生きと描かれていて、それがウルトラマンと寄り添い合っていて、人間ドラマとしてとても感動するものがありました。とても一回見ただけでは処理しきれない」と話し、「今も高揚感、ふつふつと燃え上がる感情が残っていて、公開したら早く映画を見に行かなきゃいけないと思っています。そんなふうに思った映画は初めて」と作品への思いを語った。イベントには、樋口監督、出演者の西島秀俊さんも登場した。

 「シン・ウルトラマン」は、2016年公開の大ヒット映画「シン・ゴジラ」を手がけた庵野さん、樋口さんが再びタッグを組む。次々と巨大不明生物・禍威獣(カイジュウ)が現れ、その存在が日常となった日本が舞台。日本政府は禍威獣対策のスペシャリストを集結し、禍威獣特設対策室専従班、通称・禍特対を設立。禍威獣の危機が迫る中、大気圏外から突如銀色の巨人が現れる……という展開。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る