ガンダム:MS-06R-1 高機動型ザク初期型 開発秘録公開 推力が倍に

「MSV」の高機動型ザク初期型のフィギュア「ROBOT魂<SIDE MS> MS-06R-1 高機動型ザク初期型 ver. A.N.I.M.E.」(C)創通・サンライズ
1 / 10
「MSV」の高機動型ザク初期型のフィギュア「ROBOT魂<SIDE MS> MS-06R-1 高機動型ザク初期型 ver. A.N.I.M.E.」(C)創通・サンライズ

 人気アニメ「ガンダム」シリーズの企画「モビルスーツバリエーション(MSV)」に登場するMS-06R-1 高機動型ザク初期型のフィギュア「ROBOT魂 <SIDE MS> MS-06R-1 高機動型ザク初期型 ver. A.N.I.M.E.」(バンダイスピリッツ)が発売される。ウェブサイト「魂ウェブ」内の「MS開発秘録」では、同機の情報が公開されている。

 MS-06R-1 高機動型ザク初期型は、主力機動兵器として完成の域に達していたMS-06(F)のさらなる性能向上を目的として、ジオニック社からの提言をくみ上げる形で、軍が開発を承認した機体で、高速、高機動に特化した。背面ロケットバーニアの推力をF型のほぼ倍にし、脚部に高機動対応型ロケットモーターを設置。装甲材レイアウトの一部変更に合わせて機体各部インテグラルタンクの大型化が図られた。第1次生産ラインとして22機が製造された。

 フィギュアの価格は7700円。バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」内の「魂ウェブ商店」で予約を受け付けている。9月に発送予定。

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事