シン・ウルトラマン:斎藤工、長澤まさみが“シン・ウルトラレッドカーペット”に! 雨の中ファン100人が出迎える

「シン・ウルトラマン」のイベントに登場した斎藤工さん(左)と長澤まさみさん
1 / 13
「シン・ウルトラマン」のイベントに登場した斎藤工さん(左)と長澤まさみさん

 特撮ドラマ「ウルトラマン」の映画「シン・ウルトラマン」(樋口真嗣監督、5月13日公開)のレッドカーペットイベントが5月9日、東京都内で行われ、主人公の神永新二役の斎藤工さんをはじめ、出演の長澤まさみさん、西島秀俊さん、有岡大貴さん、早見あかりさん、樋口監督が参加した。雨が降る中でのイベントとなったが、招待されたファン100人がキャスト陣を出迎え、華々しく行われた。

 イベントの会場となった東京・新宿のゴジラロードには、ウルトラマンの身長と同じ約60メートルの“シン・ウルトラレッドカーペット”が敷かれた。午後5時になるとキャスト陣を乗せた車が会場に到着し、ファンの大きな拍手に包まれてレッドカーペットを歩いた。

 レッドカーペットを歩いた斎藤さんは「ウルトラマンのスケールの大きさを感じました」としみじみ。長澤さんは「久しぶりのレッドカーペットで、お客さんもいて温かい気持ちになった」と笑顔を見せた。人生初のレッドカーペットという有岡さんは「初めてのレッドカーペットが『シン・ウルトラマン』でとてもうれしく思います!」と声を弾ませた。

 「シン・ウルトラマン」は完成したばかりといい、試写で完成品を見た斎藤さんは「言葉にならなかった。本当にすごい映画を見た時は言葉にならないんですよ」とコメント。「さまざまな取材活動をする中で聞かれるのですが、とにかくこの作品の素晴らしさを言語化できない。宣伝では言葉にして届けるべきですが、見ていただくほうがいい。公開を迎えてみなさんと一緒に作品が育っていく姿を見たい」と語った。

 長澤さんは「(幼いころは)ウルトラマンを見ていたわけじゃない、女の子だったので……。でもウルトラマンはヒーローのイメージしかなかった。この映画でウルトラマンの格好よさ、美しさにほれぼれしました。女性でも楽しめる作品です」と紹介した。

 トーク中はキャストが2人1組になって“相合い傘”をしていた。樋口監督と相合い傘をした有岡さんは「長澤さんから『トトロみたいだ』って言われました(笑い)」と告白。有岡さんが会場に設置されたウルトラマンの立像に傘を差し出して相合い傘をする場面もあり、ファンから「可愛い」と声をかけられていた。

 「シン・ウルトラマン」は、庵野秀明さんが企画・脚本を担当。2016年公開の大ヒット映画「シン・ゴジラ」を手がけた庵野さん、樋口さんが再びタッグを組む。巨大不明生物・禍威獣(カイジュウ)が次々と現れ、その存在が日常となった日本が舞台。日本政府は禍威獣対策のスペシャリストを集結し、禍威獣特設対策室専従班、通称・禍特対(カトクタイ)を設立。禍威獣の危機が迫る中、大気圏外から突如銀色の巨人が現れる……というストーリー。

写真を見る全 13 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る