ちむどんどん:“良子”川口春奈に同情の声相次ぐ「ほんとかわいそう、つらい」「報われると願ってる」

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第21回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第21回の一場面(C)NHK

 黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第21回が5月9日に放送され、しっかり者の長女・良子(川口春奈さん)に注目が集まった。家族のため懸命に働くも、長男の賢秀(竜星涼さん)に振り回され続ける良子に対して、SNSには「地道に頑張ってる良子ネーネーがかわいそう」「ほんとかわいそう、つらい」などと、同情するコメントが次々に書き込まれていた。

 「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作品。2022年に本土復帰50年を迎える沖縄が舞台で、沖縄料理に夢をかけるヒロイン・暢子(黒島さん)たち4兄妹の笑いと涙の物語。

 第21回では、賢秀が、実業家だという男・我那覇(田久保宗稔さん)から持ちかけられた儲(もう)け話がやはり詐欺だったことが明らかになった。母・優子(仲間由紀恵さん)を巻き込み、親戚からも借りた金は戻ってこず、家の借金をさらに増やしたばかりか、妹・暢子の上京資金のめども立たなくなってしまった。

 絶望した賢秀は、我那覇との待ち合わせ場所だった「サンセットバーガー」でやけ酒をあおり、店内で「金を返せ」と当たり散らして、店のイスや食器などを破壊。賢秀の責任で、「サンセットバーガー」の修理代、営業できない期間の営業補償代までも比嘉家にのしかかる。

 さらに、教え子のライブのために当時、店に居合わせていた暢子たちの高校の音楽教師・下地響子(片桐はいりさん)が警察に訴えると主張し、長女で小学校教師の良子(川口春奈さん)も仕事にも支障をきたして……と展開した。

 それでも「俺は悪くない。悪いのは全部我那覇」と反省の色を見せない賢秀に対して、良子も我慢の限界で、これまでためてきた鬱憤を爆発させる。

 「教師のウチはどうなるわけ!? 先生になる夢をかなえるため、ウチはずっと頑張ってきた。ニーニーが校庭でドッジボールをしてるとき、ウチは図書館で勉強してた。ニーニーがラジオを聴いて騒いでいるとき、ウチは耳にちり紙を詰めて勉強してた。ニーニーが那覇で遊び歩いているとき、ウチはアルバイトしながら短大に通っていた。お化粧もオシャレもしないで、勉強して……。やっと採用試験に合格したとき、ウチはお父ちゃんのお墓の前で泣いた。お父ちゃん、約束守ったよって。なのに! 今更ニーニーのせいで教師を辞めることになったら……」

 良子の言葉を聞いて、少しはばつが悪そうな顔をする賢秀だったが、最後まで謝罪の言葉はなかった。

 SNSでは「家にお金を入れて、いろいろ我慢している長女の良子さんがかわいそう」「今日は良子が気の毒に思えてならなかった」「良子が報われると願ってる」などと同情のコメントが相次いだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る