機動戦士ガンダム 水星の魔女:静岡ホビーショーでガンプラ初展示 主人公機ガンダム・エアリアル ガンダムルブリス、ベギルベウも

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」のガンダム・エアリアルのプラモデル「HG 1/144 ガンダムエアリアル」
1 / 9
「機動戦士ガンダム 水星の魔女」のガンダム・エアリアルのプラモデル「HG 1/144 ガンダムエアリアル」

 人気アニメ「ガンダム」シリーズの新作テレビアニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」のプラモデル(ガンプラ)が、ツインメッセ静岡(静岡市駿河区)で開催中の模型の展示会「第60回静岡ホビーショー」で初展示された。主人公機ガンダム・エアリアルのガンプラ「HG 1/144 ガンダムエアリアル」(バンダイスピリッツ)のほか、ガンダムルブリス、ベギルベウが登場。「SDガンダム」シリーズの「SDガンダム EXスタンダードガンダムエアリアル」が発売されることも発表された。価格、発売時期などは今後、発表される。

 「水星の魔女」は、2015年10月に第1期がスタートした「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」以来、約7年ぶりのテレビアニメシリーズで、女性キャラクターが主人公となることも話題になっている。MBS・TBS系の日曜午後5時のアニメ枠“日5”で10月から放送される。

 静岡ホビーショーは、模型メーカーの工場が集まる静岡市で1959年から開催されている展示会。5月15日まで開催され、11、12日が業者招待日、13日が小中高生招待日、14、15日が一般公開日。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画