ナンバMG5:剛と関口の友情物語! 視聴者「激アツ案件」「最高のダチ」 「類は友を呼ぶとはまさにこういうこと」の声も

連続ドラマ「ナンバMG5」第4話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 3
連続ドラマ「ナンバMG5」第4話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「ナンバMG5(エムジーファイブ)」(フジテレビ系、水曜午後10時)の第4話が5月11日に放送された。主人公・難破剛(間宮さん)と中学時代の同級生・関口正宏(岩男海史さん)の友情物語が描かれ、「難破と関口激アツ案件」「泣ける……」「最高のダチだ」と視聴者の胸を熱くさせた。

 ドラマは、小沢としおさんのマンガ「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(共に秋田書店)が原作。ヤンキー一家に生まれた剛が内緒で健全な高校に入学し、家族の前ではヤンキー、学校では真面目な高校生という「二重生活」をするドタバタを描く。

 第4話では、剛が書店で万引きしようとしている少年を見つける。その少年は剛が脱ヤンキーを決意する理由となった中学時代の同級生・関口で、剛が事情を聞くと、進学した高校でいじめられているという。

 剛はこれまで当たり前のようにヤンキーとして過ごしてきたが、中学時代に建築家を目指して勉強を頑張る関口と出会い、自身の人生を見つめ直した。それから受験を決意し、努力のかいあって白百合高校に合格したのだった。

 当時、家族に内緒で図書館に通い、勉強していた剛。ある日、施設内のトイレの個室で、「ヤンキーはゲーセンでも行ってりゃいい」「どうせろくな大人にならないんだから勉強なんて意味ない」と自分を馬鹿にする声を耳にした。しかし、そこに関口が現れ、「頑張ってる人をそういうふうに言うことない」「あなたたちに彼をバカにする権利なんてない」と叱責。剛はその言葉のおかげで再び気合が入り、勉強を続けることができたのだ。

 そんな恩人のピンチを助けようとする剛だったが、関口は大丈夫だと答え、「ほんとありがとう。心強いよ」と感謝した。だが、関口へのいじめはエスカレートし、剛は後日、ボコボコにされた関口を街で発見。傷だらけになりながら「難破君が味方になってくれたから、『お前らの言うことなんか聞かない』って言ってやった」と話す関口を見て、剛はいじめた張本人の元に向かい……と展開した。

 劇中には、いじめの主犯格から「どうやってあんな化け物手なずけたんだよ?」と聞かれた関口が、「友達だから助けてくれたんだよ!」と言い返す場面も。SNSでは「関口君も難破君もすてきすぎて抱きしめた」「相手のために行動できる人同士でかっこいい」「類は友を呼ぶとはまさにこういうことか」などと、2人の関係性に感動する声が上がった。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る