ナンバMG5:難破家の愛犬・松の声は津田健次郎だった! 「バレバレな感じでした」

連続ドラマ「ナンバMG5」で松の声優を務める津田健次郎さん(左)と松役の豆三郎 (C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ナンバMG5」で松の声優を務める津田健次郎さん(左)と松役の豆三郎 (C)フジテレビ

 声優の津田健次郎さんが、俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「ナンバMG5(エムジーファイブ)」(フジテレビ系、水曜午後10時)で、難破家の愛犬・松の声を担当していることが4月27日、明らかになった。

 松は難破家の柴犬で、子犬の時に捨てられた窮地を主人公・難破剛(間宮さん)に救ってもらい、剛への恩義を忘れず“アニキ”と慕っている。これまでキャストは明かされていなかったが、SNSでは第1話放送時から津田さんが担当しているのでは、という声が多く上がっていた。

 反響について津田さんは、「すごいですね。『松は津田さんでしょう?』と多くの方から声をかけていただきましたが、『いやあ、どうでしょうね』って(笑い)。バレバレな感じでしたが、面白かったという声が聞けてうれしかったです」とコメント。

 さらに「松役の豆三郎くんがとてもいい芝居をしてくれるので、なるべくその可愛さと作品の面白さを生かせるように心掛けています」と語っている。

 併せて、津田さんと豆三郎の初対面時のツーショット写真が公開された。津田さんは「めちゃくちゃ可愛い。目もくりんくりんでいい子」と感激していたという。

 原作は小沢としおさんのマンガ「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(共に秋田書店)。ヤンキー一家に生まれた剛が内緒で健全な高校に入学し、家族の前ではヤンキー、学校では真面目な高校生という「二重生活」をするドタバタを描く。

テレビ 最新記事