東京リベンジャーズ:間宮祥太朗が愛美愛主の幹部“キサキ” 東京卍會狂わせる重要人物

映画「東京リベンジャーズ」で間宮祥太朗さんが演じるキサキ(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
1 / 1
映画「東京リベンジャーズ」で間宮祥太朗さんが演じるキサキ(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

 俳優の北村匠海さん主演で、和久井健さんの人気マンガを実写化した映画「東京リベンジャーズ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)が7月9日に公開されることを記念し、豪華俳優陣が演じる個性豊かなキャラクターたちを紹介する。今回は、間宮祥太朗さんが演じるキサキ(本名・稀咲鉄太)を紹介する。

 映画は、「新宿スワン」などで知られる和久井さんのマンガ「東京卍リベンジャーズ」(講談社)が原作。壁の薄いボロアパートに住むフリーターのタケミチ(北村さん)はある日、元恋人のヒナタ(今田美桜さん)と、その弟・ナオト(杉野遥亮さん)が、関東最凶の組織・東京卍曾に殺害されたとニュースで知る。事件を知った翌日、駅のホームで何者かに背中を押され線路に転落したタケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまう。ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチは東京卍曾に挑む……というストーリー。

 間宮さん演じるキサキは、マイキー(吉沢亮さん)やドラケン(山田裕貴さん)、ミツヤ(眞栄田郷敦さん)が属する東京卍會の対抗組織・愛美愛主(メビウス)の幹部だったが、10年後は東京卍會に所属し、警察からもマークされているキャラクター。東京卍會を狂わせる引き金ともなった重要人物だ。“10年前”は、謎の不良・ハンマ(清水尋也さん)と共に行動している。

 間宮さんは、演じるキサキについて「登場人物は皆、ケンカが強くて心の中に覇気を持っているけれど、僕が演じる稀咲にはその中でも特に容赦のなさみたいなものがある。不良、仲間、友情。シンプルで熱いお話なんですが、そこには暗い影も確実に落ちていて。その象徴が稀咲だと思いますし、この群像劇の中で1人だけ独立したような存在になればいいなと思っております」と語っている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る