夏へのトンネル、さよならの出口:劇場版アニメが9月9日公開 「僕は、あの夏の君を取り戻す」「これは二人だけの秘密」 特報も公開

「夏へのトンネル、さよならの出口」のビジュアル(C)2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会
1 / 3
「夏へのトンネル、さよならの出口」のビジュアル(C)2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

 ガガガ文庫(小学館)のライトノベルが原作の劇場版アニメ「夏へのトンネル、さよならの出口」(田口智久監督)が、9月9日に公開されることが分かった。「僕は、あの夏の君を取り戻す」「これは二人だけの秘密」「この世界を捨てたっていいと思った」「今日から私たちの共同戦線が始まる」「このトンネルに私たちの願いをかなえてもらうために」という主人公・塔野カオルと転校生・花城あんずの意味深なやり取りが描かれた特報映像、イラストレーターのくっかさんが手がけたティザーポスターが公開された。

 NHK連続テレビ小説「マッサン」、テレビアニメ「ピアノの森」などを手がけた富貴晴美さんが音楽を担当することも発表された。

 「夏へのトンネル、さよならの出口」は“中に入ると年を取る代わりにほしいものが手に入る”ウラシマトンネルという都市伝説にまつわる、ひと夏のボーイミーツガール作品。過去に最愛の妹を亡くし欠落を抱えて生きる塔野カオルと、ある悩みを持つ転校生の花城あんずが、ウラシマトンネルで互いのほしいものを手に入れようとする。2019年に第13回小学館ライトノベル大賞でガガガ賞と審査員特別賞に選ばれた。

 アニメは「アクダマドライブ」「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION絆」などの田口さんが監督を務め、「映画大好きポンポさん」などのCLAPが制作する。鈴鹿央士さんがカオル、飯豊まりえさんがあんずの声優を務める。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事