間宮祥太朗:「ナンバMG5」男性キャストは顔が“特濃” 「迫力あっていいな」

4月13日スタートの連続ドラマ「ナンバMG5」で主演を務める間宮祥太朗さん
1 / 3
4月13日スタートの連続ドラマ「ナンバMG5」で主演を務める間宮祥太朗さん

 俳優の間宮祥太朗さんがこのほど、主演を務める連続ドラマ「ナンバMG5」(フジテレビ系、水曜午後10時)の取材に応じた。共演の男性キャストには神尾楓珠さん、人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の森本慎太郎さん、満島真之介さん、宇梶剛士さんらが名を連ねており、間宮さんは「顔が濃いですよね。特濃な感じがします(笑い)」と印象を語った。

 小沢としおさんのヤンキーマンガ「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(共に秋田書店)が原作で、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学したヤンキー一家の次男・難波剛(間宮さん)が主人公。家族の前ではヤンキー、学校では真面目な高校生という「二重生活」をスタートさせるが、いじめられている友人を放っておけず、つい特攻服に着替えて助けたことをきっかけに、正体不明の最強ヤンキーとしてのし上がる……というストーリー。

 神尾さんは剛の相棒的存在となる伍代直樹、森本さんは恋敵となる大丸大助、満島さんは剛の兄・難波猛、宇梶さんは剛の父・難波勝というヤンキーをそれぞれ演じる。間宮さんは、顔が濃いキャストがそろったことについて「珍しいなと思うんですけど」と笑いつつ、「迫力があっていいな」と話していた。

 「ナンバMG5」は4月13日スタート。初回は15分拡大で放送される。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る