シン・ウルトラマン:エヴァと“シン”2大ヒーロー夢のコラボ スペシウム光線体験も 東映太秦映画村、嵐電でイベント

東映太秦映画村のイベント「映画公開記念シン・ウルトラマン祭 ~怪獣総進撃デジタルスタンプラリー~」のイメージ(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会(C)円谷プロ
1 / 11
東映太秦映画村のイベント「映画公開記念シン・ウルトラマン祭 ~怪獣総進撃デジタルスタンプラリー~」のイメージ(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会(C)円谷プロ

 特撮ドラマ「ウルトラマン」の映画「シン・ウルトラマン」が5月13日に公開されることを記念して、東映太秦映画村(京都市右京区)、京福電気鉄道の嵐山線(嵐電)でイベント「映画公開記念シン・ウルトラマン祭 ~怪獣総進撃デジタルスタンプラリー~」が実施されている。「シン・ウルトラマン」と人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズがコラボし、ウルトラマンとエヴァンゲリオン初号機の2大ヒーローと一緒に写真が撮れるフォトスポットが話題となっている。

 「シン・ウルトラマン祭」では、「ウルトラマン」の人気怪獣48体をコンプリートできるデジタルスタンプラリーを実施。シン・ウルトラマン電車が運行するほか、各ポイントではウルトラ怪獣をイメージしたコラボメニューが提供される。怪獣とのフォトスポットも設置される。

 ウルトラマンのスペシウム光線を体験できるコーナーも人気を集めている。古代怪獣ゴモラに向かってスペシウム光線を発射する気分が味わえるコーナーで、設置されたフットペダルを踏むと、ウルトラマンの掛け声と共にスペシウム光線を発射する効果音、撃破音が流れる。体験の様子をスマートフォンなどで撮影することもできる。

 イベントは、7月10日まで。

写真を見る全 11 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画