ブルーロック:テレビアニメがNUMAnimationで10月スタート 神谷浩史が絵心甚八に 松岡禎丞、鈴村健一、仲村宗悟も

「ブルーロック」のキービジュアル(C)金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会
1 / 28
「ブルーロック」のキービジュアル(C)金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会

 「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中のサッカーマンガが原作のテレビアニメ「ブルーロック」が、テレビ朝日の深夜アニメ枠「NUMAnimation(ヌマニメーション)」で10月から放送されることが分かった。追加キャストも発表され、神谷浩史さんがブルーロック(青い監獄)プロジェクトの全権を握る絵心(えご)甚八を演じるほか、松岡禎丞さんが雷市(らいち)陣吾役、鈴村健一さんが吉良涼介役、仲村宗悟さんが我牙丸吟(ががまる・ぎん)役として出演する。絵心甚八、潔世一(いさぎ・よいち)、蜂楽廻(ばちら・めぐる)、國神錬介、千切豹馬が描かれたキービジュアル、第1弾PVも公開された。

 中澤まさともさんが久遠渉役、千葉翔也さんが今村遊大役、梶田大嗣さんが成早朝日役、綿貫竜之介さんが伊右衛門送人役、市川蒼さんが五十嵐栗夢役、幸村恵理さんが帝襟(ていえり)アンリ役として出演することも発表された。キャラクターをデフォルメした「ちびキャラ」のイラストも公開された。

 神谷さんは「絵心甚八はマジで最悪のキャラクターだと思います。このクソ野郎が出てくるたびに選手たちの中でさまざまに培われていった信頼関係が打ち壊されていくんですよね。そんなキャラクターの声を僕がやるなんて……最高にゾクゾクします…!」とコメント。

 松岡さんは演じる雷市陣吾について「めちゃくちゃ熱い人間ですね! 熱いが故に言葉がちょっと汚い部分もあるのですが(汗)。でもすごい感情移入できる人間です。言っていることは大体間違ってないと感じますし、何より闘争本能がすごい。本能に脚が生えて動いているような人物です(笑い)。現場の熱量も震える程高く、自分の持ってるモノを全て注ぎ込んで演じさせていただいています! 賛否はあるかもしれませんが、そこは人間臭いということで一つ、よろしくお願いします」と話している。

 鈴村さんは作品の印象を「王道のサッカーマンガとはひと味違う作風に夢中になりました。この時代に攻めた内容だと思いましたが、競い合うことの本質を裸のまま伝えてくれる絵心の言葉は今こそ必要な気もしています」と話し、「吉良涼介はめちゃくちゃ優等生です。将来有望な彼が今までの価値観とは違う局面を迎えた時にどんな反応をするのかを楽しみにしていてください」とコメントを寄せている。

 仲村さんは「我牙丸はとても野性味あふれた少年で、ご飯を素手で食べたり、字が汚かったり、何を考えているか分からないところがあるんですが……肉弾戦がめちゃくちゃすごいんです! あのトリッキーなプレースタイルがカッコいい! そんな我牙丸を演じる時は彼の表情を大切にしました。感情が分かりづらいんですが、喜んだり、ムカついたり、悔しがったり、プレースタイルは奇抜でも実は性格はかなり素直なんですよね。僕はそんな彼の大ファンです!」と話している。

 「ブルーロック」は、金城宗幸さん原作、ノ村優介さん作画のマンガで、「週刊少年マガジン」で2018年から連載中。日本をサッカーワールドカップ優勝に導く“絶対的エースストライカー”を誕生させるための国を挙げたプロジェクト・ブルーロックがスタートし、集められた300人の高校生が戦いを繰り広げることになる。コミックスが第18巻まで発売されており、累計発行部数は830万部以上。最新19巻が5月17日に発売される。アニメは、渡邉徹明さんが監督を務め、エイトビットが制作する。

 ◇キャスト(敬称略)

 潔世一:浦和希▽蜂楽廻:海渡翼▽國神錬介:小野友樹▽千切豹馬:斉藤壮馬▽久遠渉:中澤まさとも▽雷市陣吾:松岡禎丞▽今村遊大:千葉翔也▽我牙丸吟:仲村宗悟▽成早朝日:梶田大嗣▽伊右衛門送人:綿貫竜之介▽五十嵐栗夢:市川蒼▽吉良涼介:鈴村健一▽絵心甚八:神谷浩史▽帝襟アンリ:幸村恵理

写真を見る全 28 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る