北川景子:人生変えた「セーラームーン」時代を回顧 劇場版「アンパンマン」公開アフレコイベント

劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」の公開アフレコイベントに登場した北川景子さん
1 / 10
劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」の公開アフレコイベントに登場した北川景子さん

 女優の北川景子さんが5月17日、東京都内で行われた劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」(矢野博之監督、6月24日公開)の公開アフレコイベントに登場。今作で変身が苦手なオバケの男の子・ドロリンの声を演じる北川さんは、ドロリンが劇中で成長を遂げていく内容にちなんで「これまでの人生で一番成長できた、ターニングポイント」を聞かれると「やっぱり、この世界に入ったときの一番始めのお仕事は、すごく自分の人生を変えた」と回答。デビュー作となる2003~2004年に放送された特撮ドラマ「美少女戦士セーラームーン」の名前を挙げて当時を振り返った。

 北川さんは、同ドラマについて「その前までは普通の学生だった自分が、『セーラームーン』という作品でデビューさせてもらって、特撮なので1年間(撮影を)やるんです。初日は何も知らない学生ばかりだけど、そこからしごかれて、最後には撮影の段取りだったりお芝居のことだったりを勉強させてもらって終わる」と回顧。続けて「この1年間で鍛えてもらったことは、すごくいい経験だったなと思います」としみじみと語った。

 声優の仕事は久しぶりだったという北川さんは、アフレコについて「男の子の声だったので、そもそもどうやって出していこうか……ということがすごく難しかった。『早く終わらせてしまいたい』と思っているのか、早口になりがちだったみたいで、絵にちゃんと(声を)はめるのが難しかったなと思います」と苦労を告白。イベントでは公開アフレコが行われ、報道陣の前でアフレコに臨んだ北川さんは「思ったよりすごく近くにみなさんいらっしゃるので、恥ずかしいなと……すごく緊張しました」と感想を明かし、「あと10回ぐらいやりたい。もうちょっとうまくやれそうな気がする」と苦笑いで語っていた。

 「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」は、人気アニメ「それいけ!アンパンマン」(日本テレビ系)の33作目となる劇場版最新作。オバケたちの街・オバケタウンの変身が苦手なオバケの男の子・ドロリンとアンパンマンたちが大冒険を繰り広げる。北川さんがドロリン、お笑いトリオ「ジャングルポケット」がオバケタウンの町長と側近の声を演じる。

 イベントにはお笑いトリオ「ジャングルポケット」も出席した。

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画