機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島:「親父にもぶたれたことないのに」 名場面、名ぜりふ再び シャア登場も話題

「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」の完成披露舞台あいさつの様子
1 / 2
「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」の完成披露舞台あいさつの様子

 アニメ「機動戦士ガンダム」のアニメーションディレクターやキャラクターデザインなどを担当した安彦良和さんが監督を務める劇場版アニメ「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」(6月3日公開)の完成披露舞台あいさつが5月18日、丸の内ピカデリー(東京都千代田区)で開催され、安彦監督が登場した。ブライト・ノアに殴られたアムロ・レイが「親父(おやじ)にもぶたれたことないのに」という名ぜりふを叫ぶ「機動戦士ガンダム」の名場面が、同作でも描かれることが発表された。

 同作は、シャア・アズナブルが登場することも話題になっており、回想シーンなどで名場面が描かれるという。安彦監督は「『回想シーンをいっぱい入れていいよ』と言われ、コンテを描いたら、2時間を超えたので、回想シーンを削っています」と話した。

 アムロ・レイ役の古谷徹さんは「ゲームなどで毎年、このせりふを収録しているので、ぶたれっぱなしですね。映画に出てくるとは思いもしませんでした」と語った。

 「ククルス・ドアンの島」は、1979年に放送された「機動戦士ガンダム」のテレビアニメ第15話のエピソードで、主人公のアムロ・レイ、敵対するジオン軍の脱走兵ドアンの交流を通じて、戦争の哀愁が描かれた。劇場版では第15話を改めて描く。

 舞台あいさつには、アムロ・レイ役の古谷徹さん、ククルス・ドアン役の武内駿輔さん、カイ・シデン役の古川登志夫さん、セイラ・マス役の潘めぐみさん、ブライト・ノア役の成田剣さん、カーラ役の廣原ふうさんも登壇した。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事