どうする家康:松本潤、強固な“チーム家康”を約束? 「こんなチームあったらいいな!と思ってもらえるよう」

2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」で徳川家康を演じる松本潤さん (C)NHK
1 / 1
2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」で徳川家康を演じる松本潤さん (C)NHK

 松本潤さん主演で2023年に放送されるNHK大河ドラマ「どうする家康」の公式ツイッターで、新たなコメント動画が5月20日、公開された。同ドラマで主人公・徳川家康を演じる松本さんが、“チーム家康”を迎え、改めて意気込みを語っている。

 “チーム家康”は、家康とともに数々の困難を乗り越えていく仲間で、酒井忠次役で大森南朋さん、本多忠勝役で山田裕貴さん、榊原康政役で杉野遥亮さん、井伊直政役で板垣李光人さん、鳥居元忠役で音尾琢真さん、於愛の方で広瀬アリスさん、服部半蔵役で山田孝之さん、石川数正役で松重豊さんが出演する。

 松本さんは「この作品は、たくさんの武将が出てくるのと同時に、“チーム家康”“チーム徳川”の印象的なシーンもたくさんあると思うので、発表されている皆さんと一つのチームを作ってやっていけることを、すごく楽しみにしています」と期待を寄せる。

 さらに「僕もどういうふうになっていくのか、まだ動き始めたばかりで分らないのですが、みんなで強固な、そして見ている人にこんなチームあったらいいな!と思ってもらえるようなチーム作りができたらと思っています」と語った。

 「どうする家康」は一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く、スピード感あふれる波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作となる。

テレビ 最新記事