探偵!ナイトスクープ:偽名で彼氏と付き合う女性 交際5年「本名明かしたい」

5月20日放送の「探偵!ナイトスクープ」の場面写真=ABC提供
1 / 2
5月20日放送の「探偵!ナイトスクープ」の場面写真=ABC提供

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが局長を務める人気バラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」(ABC、金曜午後11時17分)。5月20日の放送は、真栄田賢探偵が「言葉が悪すぎる格闘技ジム代表」、橋本直探偵が「40年前の8ミリ映画のヒロイン」、竹山隆範探偵が「偽名で彼氏と付き合う女」を調査した。

 「言葉が悪すぎる格闘技ジム代表」は、京都府の女性(37)から。小学2年生の息子がキックボクシングを習っており、通っているジムの代表の言葉遣いが「ワレ」「オノレ」「ガキ」「クソガキ」と、かなり良くない。親としては別のジムに変えた方がいいのかな、と思ったが、子供は一緒に練習している友達と仲が良く、ジムを辞めたくないという。代表に言葉遣いを直してほしいが、怖い。どうか一緒に行ってもらえないだろうか……というもの。我が子の気持ちを理解すべく、母親自らがハードなトレーニングに挑戦する。

 「40年前の8ミリ映画のヒロイン」は、大阪府の男性(59)から。40年前、大学の映画研究部に所属していた依頼人は、8ミリ映画を作った。当時、大学には女子学生が少なく、主演女優をノーギャラの条件で見つけることは至難の業。そこで、近くの女子短大周辺でスカウト活動をして、当時1年生だった女性に出演してもらった。月日は流れて3年前、映写機がなく見ることができなかったその作品を、先輩がDVDにしてくれた。DVDを見て青春時代がよみがえり、涙が止まらなかった。彼女にもう一度会ってお礼を伝え、40年ぶりに作品を見てもらいたい。なんとか探してほしい……というもの。意外なルートから、自作映画のヒロインの居場所が判明する。

 「偽名で彼氏と付き合う女」は、岐阜県の女性(48)から。付き合って5年になる彼氏がいるという依頼人。お互いバツイチ、子持ち同士で、岐阜と大阪の遠距離恋愛をしているのだが、実は彼に本名を言っていない。理由はいろいろあるが、偽名の「伊藤日菜子」で付き合っている。年を重ねるにつれて罪悪感が増し、本名を言いづらくなってしまった。「本当の自分の名前」を伝えるため、協力してほしい……という内容。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事