呪術廻戦:テレビアニメ「幼魚と逆罰編」新ビジュアル 虎杖と真人がバトル オーディオコメンタリーに榎木淳弥、山谷祥生、遠藤綾

「呪術廻戦」の「幼魚と逆罰編」のビジュアル(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
1 / 1
「呪術廻戦」の「幼魚と逆罰編」のビジュアル(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」の「幼魚と逆罰(さかばち)編」の新たなビジュアルが5月22日、公開された。主人公・虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)と特級呪霊の真人(まひと)のバトルをほうふつさせるビジュアルとなっている。MBS・TBS系の日曜午後5時のアニメ枠“日5”では、4月からテレビアニメ第1期を再放送しており、29日放送の第9話から「幼魚と逆罰編」に突入する。第1~8話にあたる「呪胎戴天編」の第8話が22日に放送され、次回から始まる「幼魚と逆罰編」のビジュアルが公開された。

 再放送では、声優陣によるオーディオコメンタリーも実施しており、第9話「幼魚と逆罰」は、虎杖悠仁役の榎木淳弥さん、吉野順平役の山谷祥生さん、家入硝子役の遠藤綾さんが登場する。オーディオコメンタリーは放送後、Spotifyポッドキャストで配信される。

 「呪術廻戦」は2018年から同誌で連載中。強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というストーリー。テレビアニメ第1期が2020年10月~2021年3月に放送された。第2期が2023年に放送される。劇場版「劇場版 呪術廻戦 0」(朴性厚監督)が、2021年12月に公開され、興行収入が136億円を突破するなど大ヒットしている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画