マイファミリー:「信じてたのに!」 意外な人物の自白に驚きの声やまず(ネタバレあり)

連続ドラマ「マイファミリー」第7話の一場面 (C)TBS
1 / 9
連続ドラマ「マイファミリー」第7話の一場面 (C)TBS

 二宮和也さんが主演するTBS「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「マイファミリー」の第7話が5月22日、放送された。鳴沢夫妻の娘・友果(大島美優さん)の誘拐を意外な人物が自白。視聴者からは「マジかよ」「人間不信になるわ」などと驚きの声が止まらなかった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 脚本は連続ドラマ「グランメゾン東京」(同局系)などで知られる黒岩勉さんのオリジナル。二宮さん演じるゲーム会社社長・鳴沢温人と多部未華子さん演じる妻・未知留が奮闘する姿を描くファミリーエンターテインメントだ。

 第7話では、温人の会社「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の社員・鈴間亜矢(藤間爽子さん)が犯人と分かり、温人は鈴間の身辺を調べつつ、共犯の存在を考える。

 ハルカナの社外取締役・阿久津晃(松本幸四郎さん)の娘・実咲(凛美さん)が誘拐され、安否を心配する中、温人らはビジネスパートナーの立脇香菜子(高橋メアリージュンさん)への疑いを強める。立脇は、鈴間のノートパソコンを処分していたのだ。実は、立脇は鈴間のパソコンなどを調べた上で、鈴間が誘拐犯の一員であることを突き止めていて、会社に対する世間の評判を気にして鈴間に会社を辞めるよう伝えていた。

 ある日、温人は自宅でWi-Fiルーターの中に盗聴器を発見する。友果が誘拐された当日、友果が一人で出かけることを犯人が知っていたことを怪しんでいたのだ。温人は、鳴沢夫妻の大学時代の親友で、元刑事の東堂樹生(濱田岳さん)を問い詰める。以前、東堂は鳴沢宅を調べ、盗聴器の存在を否定していた。温人が「犯人はお前なのか」と聞くと、東堂は「俺が誘拐した」と自白し……。

 衝撃の展開に、SNSでは「東堂さんが犯人!? 衝撃的な展開! びっくり」「どういうことだよ!」「灯台もと暗しだったってこと?」「東堂、お前か! 信じてたのに!」といったコメントが並んだ。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事