櫻坂46渡邉理佐:7年間のアイドル活動に終止符 卒コンで欅坂楽曲も

アイドルグループ「櫻坂46」の渡邉理佐さんの卒業コンサートの模様 撮影:上山陽介
1 / 43
アイドルグループ「櫻坂46」の渡邉理佐さんの卒業コンサートの模様 撮影:上山陽介

 アイドルグループ「櫻坂46」の渡邉理佐さんが、5月22日に国立代々木第一体育館(東京都渋谷区)で開催された卒業コンサートをもってグループを卒業。2015年8月、改名前の「欅坂46」1期生としてのデビューから、約7年間のアイドル活動に終止符を打った。

 渡邉さんの卒業コンサートは21、22日の2DAYSで開催。2017年4月に欅坂46がデビュー1周年記念ライブを行い、2020年10月に欅坂46が“ラストライブ”を開催するなど縁のある国立代々木第一体育館で実施した。

 セットリストには渡邉さんの意見が反映され、櫻坂46の楽曲のほか、「二人セゾン」「青空が違う」「制服と太陽」「世界には愛しかない」など、欅坂46時代の楽曲も披露。渡邉さんのアイドル活動における“集大成”ともいえるライブとなった。

 2日目のアンコールでは、白いドレスに身を包んだ渡邉さんがスピーチ。「卒業発表をしてから今日この日を迎えるまで、メンバーや自分自身が笑顔でいられるようにと約半年くらい過ごしてきましたが、思い出を振り返れば振り返るほど、これまでの活動がキラキラと輝いていたので、離れたくないと思ってしまうぐらいにグループのことが大好きだったんだなと改めて感じました」とコメント。

 続けて、「こんな自慢したくなるようなグループにいられたことが本当に誇りだし、これから私が新しく羽ばたいて他の道へ進んでも、『櫻坂46にいたんだぞ』と胸を張って言える気がします。本当に約7年間、こうして愛おしい時間を皆さんと共有できたことを、心からうれしく思いますし、感謝の気持ちでいっぱいです。これからも櫻坂46と渡邉理佐の応援をよろしくお願いいたします」と“Buddies(櫻坂46のファンの呼称)”に感謝の思いを伝えた。

写真を見る全 43 枚

芸能 最新記事