ONE PIECE FILM RED:世界政府のブルーノ、カリファ、五老星登場 海軍モモンガ、藤虎、黄猿、赤犬も

「ONE PIECE FILM RED」のビジュアル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会
1 / 1
「ONE PIECE FILM RED」のビジュアル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

 尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の新作劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督、8月6日公開)に世界政府諜報(ちょうほう)機関サイファーポール(CP)のブルーノとカリファ、世界政府最高権力の五老星が登場することが5月25日、明らかになった。さらに海軍の本部中将・モモンガ、本部大将・イッショウ(藤虎)、ボルサリーノ(黄猿)、本部元帥・サカズキ(赤犬)が登場することも発表された。YouTubeでショート動画が公開され、世界政府、海軍のキャラクターの登場が明らかになった。

 ショート動画では、世界政府、海軍のキャラクターのビジュアルが公開された。ブルーノは歌姫・ウタのライブに参加することになるといい、「UTA」の文字が入った上下緑のジャージーを着て、可愛らしい花を身につけた姿がお披露目された。カリファは、エニエス・ロビー編での黒のスーツとは対照的な白い衣装をまとっている。ショート動画に登場したキャラクターのビジュアルは、5月26日から公式SNSで順次公開される。

 劇場版では、世界中が熱狂する歌姫・ウタがライブで初めて公の前に姿を現すことになる。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、歌声を楽しみにしているルフィ率いる麦わらの一味、海賊、海軍と世界中のファンが会場を埋め尽くす。そんな中、ウタがシャンクスの娘であると発覚する。

 「コードギアス」シリーズなどの谷口さんが監督を務め、映画「キングダム」やドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」、劇場版アニメ「ONE PIECE FILM GOLD」などで知られる黒岩勉さんが脚本を担当する。1998年に開催されたイベント「ジャンプ・スーパー・アニメツアー’98」で上映された「ONE PIECE」の初のアニメ「ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック」で監督デビューした谷口監督が、約24年ぶりに「ONE PIECE」の監督を務めることも話題になっている。

アニメ 最新記事