鬼滅の刃:舞台第3弾「無限夢列車」 ビジュアルに煉獄さん、魘夢、猗窩座 無限列車が走り出す!

「鬼滅の刃」の舞台「舞台『鬼滅の刃』其ノ参 無限夢列車」のメインビジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社(C)舞台「鬼滅の刃」製作委員会
1 / 10
「鬼滅の刃」の舞台「舞台『鬼滅の刃』其ノ参 無限夢列車」のメインビジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社(C)舞台「鬼滅の刃」製作委員会

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの人気マンガ「鬼滅の刃」の舞台版第3弾「舞台『鬼滅の刃』其ノ参 無限夢列車」のメインビジュアルが6月6日、公開された。無限列車が走る線路をバックに、主人公・竈門炭治郎、煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)のほか、第3弾から新たに登場する十二鬼月(じゅうにきづき)の上弦(じょうげん)の参の猗窩座(あかざ)、下弦(かげん)の壱の魘夢(えんむ)らの姿が収められている。

 蒼木陣さんが猗窩座役、内藤大希さんが魘夢役、高橋かれんさんが竈門禰豆子役、下川恭平さんが煉獄千寿郎(せんじゅろう)役、細見大輔さんが煉獄槇寿郎(しんじゅろう)役として出演することも発表された。前作に続き、我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)役の植田圭輔さん、嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)役の佐藤祐吾さんも出演する。

 「舞台『鬼滅の刃』其ノ参 無限夢列車」は、TOKYO DOME CITY HALL(東京都文京区)で9月10、11日、10月15~23日、京都劇場(京都市下京区)で同16~25日に上演。2020年1月に上演された第1弾、2021年8月上演の続編に続き、末満健一さんが脚本、演出、和田俊輔さんが音楽を手がけ、主人公・竈門炭治郎役の小林亮太さん、煉獄杏寿郎(きょうじゅろう)役の矢崎広さんが出演する。蝶(ちょう)屋敷で修行を終えた炭治郎たちが、無限列車で鬼殺隊の炎柱・煉獄と合流し、新たな鬼に立ち向かう姿が描かれる。

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、鬼に変異した妹・禰豆子を人間に戻すために旅立つ……というストーリー。原作は、2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された。コミックスの累計発行部数は1億5000万部以上。

 「テレビアニメ『鬼滅の刃』竈門炭治郎 立志編」が2019年4~9月に放送され、2020年10月公開の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が大ヒットした。「テレビアニメ『鬼滅の刃』無限列車編」が2021年10~11月、「テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編」が2021年12月~2022年に2月に放送された。新作テレビアニメ「テレビアニメ『鬼滅の刃』刀鍛冶の里編」が制作されることも話題になっている。

 ◇キャスト(敬称略)

 竈門炭治郎:小林亮太▽竈門禰豆子:高橋かれん▽我妻善逸:植田圭輔▽嘴平伊之助:佐藤祐吾▽魘夢:内藤大希▽猗窩座:蒼木陣▽煉獄千寿郎:下川恭平▽煉獄槇寿郎:細見大輔▽煉獄杏寿郎:矢崎広▽アンサンブル:飯島優花、大原万由子、黒沼亮、高原華乃、夛田将秀、丹下真寿美、千葉雅大、遥りさ、星賢太、米澤賢人、渡来美友

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事