ONE PIECE FILM RED:津田健次郎が“重要人物”ゴードンに 「全身全霊で」「心を震わせる熱い物語に」

「ONE PIECE FILM RED」に登場するゴードン(左)と声優を務める津田健次郎さん(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会
1 / 1
「ONE PIECE FILM RED」に登場するゴードン(左)と声優を務める津田健次郎さん(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

 尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の新作劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督、8月6日公開)で、津田健次郎さんが同作の“重要人物”ゴードンの声優を務めることが6月8日、分かった。ゴードンの「ウタの話をしよう」というせりふが流れる映像も公開された。同日、YouTubeで配信された特番「『ONE PIECE FILM RED』新情報発表特番」で発表された。

 津田さんは、特番に映像出演し、「『ONE PIECE FILM RED』に参加させていただける、さらには物語の重要なキャラクターを演じさせていただけるということで、まずめちゃくちゃうれしかったんですけど、同時にとても身が引き締まる思いでした」とコメント。

 「全身全霊で臨んだ収録だったんですけれども、本当にすてきな時間を過ごさせていただきました。尾田先生、谷口監督、スタッフの皆様が魂を込めた作品を作っていらっしゃって、そして、魅力的なキャラクターを長年魂を込めて演じてらっしゃる声優の皆さんの最強の布陣でお届けする『FILM RED』。ご覧いただく皆さんの心を震わせる熱い物語になっていますので、ぜひ公開を楽しみにしていてください」とメッセージを送った。

 劇場版では、世界中が熱狂する歌姫・ウタがライブで初めて公の前に姿を現すことになる。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、歌声を楽しみにしているルフィ率いる麦わらの一味、海賊、海軍と世界中のファンが会場を埋め尽くす。そんな中、ウタがシャンクスの娘であると発覚する。

 「コードギアス」シリーズなどの谷口さんが監督を務める。1998年に開催されたイベント「ジャンプ・スーパー・アニメツアー’98」で上映された「ONE PIECE」の初のアニメ「ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック」で監督デビューした谷口監督が、約24年ぶりに「ONE PIECE」の監督を務めることも話題になっている。

アニメ 最新記事