神谷浩史:「ドラゴンボール」 “大先輩”野沢雅子と「特別なアフレコ」 美容室エピソードも

「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」の公開初日舞台あいさつに登場した神谷浩史さん(左)と野沢雅子さん
1 / 1
「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」の公開初日舞台あいさつに登場した神谷浩史さん(左)と野沢雅子さん

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の21作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」の公開初日舞台あいさつが6月11日、新宿バルト9(東京都新宿区)で行われ、孫悟空、悟飯、悟天役の野沢雅子さん、人造人間のガンマ1号役の神谷浩史さんら声優陣が登場した。劇場版では、野沢さん演じる悟飯とガンマ1号とのバトルが描かれるといい、神谷さんは野沢さんとの収録を「とても特別なアフレコになりました」と振り返った。

 神谷さんにとって野沢さんは同じ事務所の先輩でもあり、この日の舞台あいさつで隣に並ぶ野沢さんに「大好きなマコさん(野沢さん)の隣に立てるなんて、本当に声優を続けていて良かったと思います」と喜んだ。

 野沢さんは、神谷さんとの収録を「最高ですよ。とってもやりやすいです。こんなことをいうとあれなんですけど、(神谷さんとは)美容室が一緒なんです。そのくらいの仲なので、構えたり、考えたりしないで戦えるんです」と振り返った。野沢さんは、敵役の声優とは収録以外でも話をしないという自身のこだわりを明かした上で、「普段は本当に口を利かないんです。今回は大丈夫です。美容室が一緒なので」と話し、笑いを誘った。

 神谷さんは、収録を「すごく楽しかった。マコさんのことが大好きなので、特別ですよね。富士山を見ると得した気分になるように、マコさんに会うと、得した気分になって幸せになれるんです」と話した。収録では試行錯誤したといい、「マコさんでさえ、本番に対して試行錯誤していた。自分も『よし、頑張ろう』と。試行錯誤していいんだと思えた。とても特別なアフレコになりました」と思いを語った。

 舞台あいさつには、ピッコロ役の古川登志夫さん、ガンマ2号役の宮野真守さん、Dr.ヘド役の入野自由さん、児玉徹郎監督も登場した。

 「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」は、2018年12月公開の第20作「ドラゴンボール超 ブロリー」以来となる劇場版。原作者の鳥山さんが脚本、キャラクターデザインを担当する。前作「ドラゴンボール超 ブロリー」で3Dパートを手がけた児玉さんが監督を務める。かつて、孫悟空によって壊滅した悪の組織のレッドリボン軍の意志を継いだ者たちが、新たに最強の人造人間・ガンマ1号、2号を生み出し、ピッコロ、孫悟飯らを襲う……という展開。

アニメ 最新記事