Garden of Remembrance:山田尚子監督のオリジナルアニメ サイエンスSARU制作 2023年リリース

山田尚子監督のオリジナルアニメ「Garden of Remembrance」のイメージ(C)Garden of Remembrance -二つの部屋と花の庭-製作委員会
1 / 2
山田尚子監督のオリジナルアニメ「Garden of Remembrance」のイメージ(C)Garden of Remembrance -二つの部屋と花の庭-製作委員会

 劇場版アニメ「映画 聲(こえ)の形」「リズと青い鳥」などで知られる山田尚子監督のオリジナルアニメ「Garden of Remembrance(ガーデン オブ リメンバランス)」が制作され、2023年にリリースされることが分かった。山田監督が脚本を手がけ、「夜は短し歩けよ乙女」「映像研には手を出すな!」などのサイエンスSARUが制作する。マンガ「花のズボラ飯」の作画を担当するマンガ家の水沢悦子さんがキャラクター原案、シンガー・ソングライターのラブリーサマーちゃんが音楽を担当する。3輪のアネモネの花が描かれたイメージビジュアルも公開された。

 6月15日に仏で開催された世界最大級のアニメの祭典・アヌシー国際アニメーション映画祭で発表された。同映画祭に山田監督、サイエンスSARUのチェ・ウニョンプロデューサーが登壇。プロジェクトの始まりは「音楽」といい、ウニョンプロデューサーが、音楽を軸にしたショートフィルムを制作しないかと山田監督に声を掛けたことがきっかけで企画がスタートしたと明かした。

 山田監督は、同作には「『きみ』と『ぼく』と『おさななじみ』が登場する」と話し、「考えたり、思ったりする気持ちは、どこに行くのだろう。まるで空気のような形で残るのかな、あるいは全く消失してしまうのかな。できうることならば、望む限り消えずにずっと在っていてほしい。『きみ』と『ぼく』と『おさななじみ』は、誰かにとっての何かなのだと思います」とコメントを寄せている。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画