明日のドンブラザーズ:ドン16話「やみおちスイッチ」 タロウに否定されたジロウ ひょう変!? 

「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」ドン16話「やみおちスイッチ」の一場面(C)テレビ朝日・東映AG・東映
1 / 5
「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」ドン16話「やみおちスイッチ」の一場面(C)テレビ朝日・東映AG・東映

 スーパー戦隊シリーズの46作目「暴太郎(あばたろう)戦隊ドンブラザーズ」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)ドン16話「やみおちスイッチ」が6月19日に放送される。

 ドンブラザーズの仲間になった桃谷ジロウ(石川雷蔵さん)は、尊敬する桃井タロウ(樋口幸平さん)から学ぼうとタロウのマネをする。さらに、鬼頭はるか(志田こはくさん)にはマンガを描き、猿原真一(別府由来さん)には俳句を詠(よ)むなど、みんなに気に入られようとするが迷惑がられる。

 そして自分こそ「タロウの後を継ぐ者」だと信じるジロウだったが、タロウに否定されてしまったことでひょう変する……。

 「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」は、おとぎ話「桃太郎」がモチーフのヒーロー。“レッド”ドンモモタロウが、お供の“ブルー”サルブラザー、“ブラック”イヌブラザー、“ピンク”キジブラザー、鬼がモチーフの“イエロー”オニシスターと共に敵と戦う。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事