ロンブー田村淳:「ガンダム」愛語る 安彦良和監督の“お墨付き”も

「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」のトークイベントに登場した「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん
1 / 1
「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」のトークイベントに登場した「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん

 アニメ「機動戦士ガンダム(ファーストガンダム)」のアニメーションディレクターやキャラクターデザインなどを担当した安彦良和さんが監督を務める劇場版アニメ「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」のトークイベントが6月20日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん、安彦監督らが登場した。田村さんは同作のCMに出演し、「ガンダム」シリーズへの思いを熱弁したことも話題になっている。田村さんは、同シリーズのファンだというが「僕が『ガンダム』が好きだ!と積極的に言っていなかったのが、悪かったのですが、SNSで古参のファンの方に『知っているのか?』と荒い言葉をいただきまして……」と複雑な思いがあったといい、イベントで「ガンダム」への愛を語った。

 田村さんは「小学生の時から『ガンダム』が好き。『アメトーーク!』のガンダム芸人に出たいくらいなんです。CMのお話をいただいて、やっと貢献できる!と思ったら、足を引っ張ってしまったみたいで……」と吐露。

 田村さんはCMで「ククルス・ドアンの島」について「ファーストガンダムがぎゅ~っと集約されている」とコメントしていた。安彦監督は、田村さんのコメントを受けて「うれしいです」と話し、田村さんは「お墨付きをいただけた!」と喜んだ。

 田村さんは「子供の頃、『ガンダム』の人間ドラマにドキドキしました。古参のファンの方に比べると、知らないこともありますが、『ガンダム』の魅力を伝えていきたいし、これからも『ガンダム』を応援したい」と力を込めた。

 「ククルス・ドアンの島」は、1979年に放送されたファーストガンダムのテレビアニメ第15話のエピソードで、主人公のアムロ、敵対するジオン軍の脱走兵ククルス・ドアンの交流を通じて、戦争の哀愁が描かれた。劇場版では第15話を改めて描く。

 イベントには、アニメを手がけたバンダイナムコフィルムワークスの福嶋大策プロデューサー、総作画監督・キャラクターデザインの田村篤さん、“ガンダム芸人”として知られる若井おさむさんも登壇し、お笑いトリオ「ニブンノゴ!」の森本英樹さんがMCを務めた。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画