金田一少年の事件簿:“佐木くん”岩崎大昇が回転扉をぐるぐる “一ちゃん”道枝駿佑との追いかけっこに「癒やし!」 猫からの“転生”も話題に

連続ドラマ「金田一少年の事件簿」第8話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「金田一少年の事件簿」第8話のワンシーン=日本テレビ提供

 人気グループ「なにわ男子」の道枝駿佑さん主演の連続ドラマ「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第8話「首狩り武者殺人事件」が、6月19日に放送された。主人公の金田一一(きんだいち・はじめ、道枝さん)を追いかけて、一の後輩・佐木竜太(岩崎大昇さん)が回転扉を回り続けるシーンが登場。視聴者の間で「佐木くん回転扉と戯れてる」「ずっと回転扉でぐるぐる回ってる佐木くん可愛すぎるだろw」「佐木くん癒やし!」と話題になった。

 同話では、剣持勇警部(沢村一樹さん)の幼なじみ・紫乃(仙道敦子さん)が嫁いだ巽家の合わせ扉の間で殺人事件が発生。巽家のあるくちなし村を訪れていた剣持警部、一、七瀬美雪(上白石萌歌さん)は、事件について調べ始めた。

 そして犯人が死んだことで事件は解決したように見え、村を離れた一同。食事に向かった先で佐木に出くわし、彼は「先輩を追ってきたんですよ!」という。佐木と遭遇した場所には回転扉があり、一はそれを見て事件に隠されていたトリックに気づいて……と展開した。

 ドラマは、天樹征丸さん、金成陽三郎さん作、さとうふみやさん作画の同名マンガ(講談社)が原作の人気シリーズ。「首狩り武者殺人事件」は、人気デュオ「KinKi Kids」の堂本剛さんが主演を務めたシリーズでも映像化されており、当時、回転扉のシーンに登場したのは猫だった。SNSでは、「猫の役割を担う佐木くん」「猫が転生して佐木に」「猫になったんだよな佐木は」と視聴者が反応した。

 第9話は「オペラ座館 ファントムの殺人」。6月26日午後10時半から放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画