永野芽郁:憧れのTBS“火10”で主演 「明るく前向きなドラマ」

連続ドラマ「ユニコーンに乗って」に出演する(左から)杉野遥亮さん、永野芽郁さん、西島秀俊さん(撮影:加藤春日)
1 / 5
連続ドラマ「ユニコーンに乗って」に出演する(左から)杉野遥亮さん、永野芽郁さん、西島秀俊さん(撮影:加藤春日)

 女優の永野芽郁さんがこのほど、7月5日スタートの主演連続ドラマ「ユニコーンに乗って」(TBS系、火曜午後10時)のリモート会見に出席した。スタートアップ企業の若きCEO・成川佐奈を演じる永野さんは、「火曜ドラマ」枠への出演について「憧れでもあった」と明かした上で、同作を「明るく前向きなドラマ」とアピールした。

 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」「ナイト・ドクター」(共にフジテレビ系)などの大北はるかさんのオリジナル作。仕事と恋に奮闘しながら、夢に向かって真っすぐ生きる主人公・佐奈たちの成長を描く。

 TBSのドラマは初主演となるが、プレッシャーはないとしつつ、「佐奈が周囲の人間を巻き込んで進んでいく物語なので、(撮影現場で)中心に立ったり、影でサポートしたり、さまざまな係になれるように皆さんをたくさん観察しながら頑張りたいと思います」と話した。

 永野さんは初のCEO役となる。「起業には、知識、決断力、勇気といったいろいろなものが必要で、大変な挑戦だと思います。そこで感じる芯の強さを常に大事にしながら演じたいです」と意気込み、自身と佐奈の共通点について「やると決めたことはやり遂げる性格は似ている気がします」とコメント。「皆さんにはそれぞれ頑張っていることがあって、そこで悩み、進路に迷うこともあると思います。私と同世代の方が、共感したり、頑張ろうと思えたりするような、明るく前向きなドラマが作れたらと思います」と呼び掛けた。

 会見には、西島秀俊さん、杉野遥亮さんも出席した。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事