鋼の錬金術師:“オリヴィエ”栗山千明「怖そうに見える威圧感や力強さ意識」 新場面写真公開

映画「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成」でオリヴィエを演じた栗山千明さん(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会
1 / 3
映画「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成」でオリヴィエを演じた栗山千明さん(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会

 荒川弘さんの人気マンガを実写化した映画2部作「鋼の錬金術師 完結編 復讐(ふくしゅう)者スカー/最後の錬成」(曽利文彦監督)で、オリヴィエ・ミラ・アームストロングを演じた栗山千明さんの新たな場面写真が6月26日、公開された。原作が大好きという栗山さんは、本作への出演が決まり「オリヴィエ役を演じさせていただけて本当に光栄に思っています」と語った。

 オリヴィエは、徹底した実力主義と手腕から“ブリッグズの北壁”という異名を持つ、強さと美しさを兼ねた女戦士。

 役作りを聞かれた栗山さんは「ファンの方は声優さんの印象が強いと思うので、まず声を意識しました。オリヴィエの少将らしい声を張った感じを保って、なるべく低い声で演じていました。内面的なところで言うと、とにかく怖そうに見える威圧感や、力強さはすごく意識していました。立ち姿や姿勢なども屈強なブリッグズ兵たち、男性陣に負けないぞ!という気持ちを持ちながら演じていました」と振り返った。

 オリヴィエの好きなところについては「本当にすごいな、かっこいいな、というのが一番ですね。甘えがなく厳しい一方で仲間思いな一面もあり、慕われる理由が分かります。仲間を誇りに思っていて、自分自身のことも誇りに思っていて、見た目だけでなく、性格的にもとてもたくましい女性だなと思います」と語った。

 「鋼の錬金術師」は、「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で2001~10年に連載された。錬金術が科学のように発達した世界を舞台に、エドワード・エルリックとアルフォンス・エルリックの兄弟が、失った体を取り戻すため「賢者の石」を探す旅に出る……というストーリー。アニメ化もされ人気を博した。2017年には1作目の実写映画が公開された。

 新作は、マンガ「鋼の錬金術師」の連載20周年を記念した新プロジェクトとして公開された。2部作の前編となる「復讐者スカー」は、“傷の男(スカー)”を中心とした物語。かつて国軍によって滅ぼされたイシュヴァールの民の復讐のために、すべての国家錬金術師の抹殺を誓うスカーが、エドと相対することになる。後編「最後の錬成」は、ホムンクルスたちの生みの親“お父様”(内野聖陽さん)との戦い、その後のエドとアル(水石亜飛夢さん)、仲間たちの物語が展開し、原作の最終話までを描く。

写真を見る全 3 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画