SKE48古畑奈和:1st写真集は活動10年の証し「一つの作品として残せてうれしい」 メンバーは“美尻”を絶賛

ファースト写真集「感情の境界線」のイベントに登場した「SKE48」の古畑奈和さん
1 / 18
ファースト写真集「感情の境界線」のイベントに登場した「SKE48」の古畑奈和さん

 アイドルグループ「SKE48」の古畑奈和さんが6月26日、東京都内でファースト写真集「感情の境界線」(光文社、発売中)のお渡し会イベントに登場した。2021年10月にSKE48の5期生として活動10周年を迎え、今年9月にグループ卒業を発表している古畑さん。イベント前に行われた会見で、「一つの作品としてSKEに10年いたことを残せてうれしい」と喜び、「SKEをやっていて良かった。ファンの方に喜んでもらえるものが作られたことは本当にありがたいことだと思います」と笑顔を見せた。

 古畑さんは、写真集で自身初のランジェリーショットや“美尻”も披露しているが、メンバーからは「セクシーすぎて見られない!」という反応とともに、「お尻を褒められました」と明かした。「腰からお尻にかけてのラインは褒められることが多い。自分の体で好きなパーツは胸を張って言えるほどないけれど、自分ながらに“いい体”と思ってしまいました」と照れ笑いしつつ、“自画自賛”した。

 5月に写真集が発売されたが、卒業発表のタイミングと重なったのは偶然だったといい、撮影時は「まったく卒業のことは意識していなかった」と明かし、「“今の私”をテーマに、一つの作品を作るため自分を変身させて向き合った。ファンの方も悔いが残らず、アイドルの私を見納められるのかなと思うと、アイドルとして一つの仕事を終えたというか。誰かの支えになれるものを作ることができて良かったなと思います」とファンへの“恩返し”ができたことを喜んだ。

 写真集は「二面性」をテーマに、ブルーと黒の二つの髪色の古畑さんを、東京と沖縄で撮り下ろした。B5判、144ページ。価格は2420円。

写真を見る全 18 枚

芸能 最新記事