ドラゴンボール超 スーパーヒーロー:“超覚醒”でオレンジピッコロに 鳥山明コメントも

「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」に登場するオレンジピッコロ(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022 ドラゴンボール超」製作委員会
1 / 4
「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」に登場するオレンジピッコロ(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022 ドラゴンボール超」製作委員会

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の21作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」で、ピッコロが“超覚醒”し、オレンジピッコロになることも明らかになった。ピッコロは、潜在能力を解放し、覚醒した姿がすでに公開されているが、さらに超覚醒し、体がオレンジ色になり、巨大化したオレンジピッコロになる。鳥山さんは、デザインについて「こちらは逆立てる髪の毛もありませんので、ゴツくしてみました。それだけだと分かりにくい可能性もありますので、オレンジ色にしてみたのですが、それでもノーマルとの違いが分かりにくい場面もあるかもしれません」と話している。

 鳥山さんは「無口でストイックなところ、僕の一番好きなキャラがピッコロです」とも話しており、「もっと大げさにした方がよかったかな、とも思いますが、ようやく悟空たちに匹敵するほどの戦闘力を手に入れたことを個人的に喜んでいます。オレンジピッコロというネーミング、センスのないピッコロらしいでしょ?」とコメントを寄せている。

 “最悪の存在”としてセルマックスが登場することや孫悟飯が眠っていた力を発現させ“孫悟飯ビースト”となることも明らかになった。孫悟飯ビースト、セルマックス、オレンジピッコロが登場するPVがYouTubeで公開された。

 「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」は、2018年12月公開の第20作「ドラゴンボール超 ブロリー」以来となる劇場版。原作者の鳥山さんが脚本、キャラクターデザインを担当した。前作「ドラゴンボール超 ブロリー」で3Dパートを手がけた児玉徹郎さんが監督を務める。かつて、孫悟空によって壊滅した悪の組織のレッドリボン軍の意志を継いだ者たちが、新たに最強の人造人間・ガンマ1号、2号を生みだし、ピッコロ、孫悟飯らを襲う……という展開。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画