どうする家康:松山ケンイチ「平清盛」以来11年ぶり大河ドラマ “家臣団の嫌われ者”本多正信に

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」で本多正信を演じる松山ケンイチさん=NHK提供
1 / 1
2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」で本多正信を演じる松山ケンイチさん=NHK提供

 松本潤さん主演の2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」に俳優の松山ケンイチさんが出演することが6月30日、明らかになった。松山さんは、主演を務めた「平清盛」(2012年)以来、11年ぶり2作目の大河ドラマで、徳川家臣団の嫌われ者・本多正信(ほんだ・まさのぶ)を演じる。ドラマの公式ツイッターで発表された。

 本多正信は、大久保忠世(小手伸也さん)の紹介で登用されるが、うさん臭く、無責任な進言をするイカサマ野郎。常識にとらわれない発想の持ち主で、悪知恵が働き、家康(松本さん)の小さな野心を刺激する。後に友人となり、家康の天下取りに欠かせない男となる。同じ本多姓でも、忠勝(山田裕貴さん)とは水と油。

 松山さんは、本多正信について「うさん臭い、無責任、イカサマ、悪知恵が働くネガティブな表現のその裏には、ヒトの常識や価値観、生き方まで変える力を孕(はら)んでいます」と印象を明かす。

 続けて「その匂いを家康だけは感じ取り、うまく付き合っている。それが家康のすごさ。その家康のすごさがわかるように精いっぱいうさん臭く、無責任で、悪知恵が働くイカサマ師を遊ぶように演じていけたらと思っています」と意気込みを語った。

 「どうする家康」は一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く、スピード感あふれる波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作となる。

テレビ 最新記事