今田美桜:上京のきっかけは福岡時代のポスター「人生が180度変わった」

劇場版アニメ「バズ・ライトイヤー」の初日舞台あいさつに出席した今田美桜さん
1 / 20
劇場版アニメ「バズ・ライトイヤー」の初日舞台あいさつに出席した今田美桜さん

 女優の今田美桜さんが7月1日、東京都内で行われたディズニー/ピクサーの劇場版アニメ「バズ・ライトイヤー」(アンガス・マクレーン監督)の初日舞台あいさつに出席。映画のストーリーにかけ、「仲間と出会って人生が変わった瞬間」を聞かれた今田さんは、「いまの事務所にスカウトしてもらったことが大きな変化。仲間との出会いは人生が180度変わったきっかけでしたね」と明かした。

 上京前、地元・福岡でも芸能の仕事を行っていたという今田さんは「福岡でポスターの仕事をした。そのポスターがきっかけで見つけてもらって、今に至ります。あの仕事をしていなかったら、今がないかもしれない。運命だったなと思います」と振り返った。

 鈴木亮平さんは、高校時代に経験した1年間の米国留学を挙げ、「牛が60頭いる牧場にホームステイした。都会のアメリカにあこがれて留学したけど、行き先がのどかな場所だった。いま思い返すとあそこでも経験が歴史好きにも繋がっている。あのときに行ってよかった」と笑顔。また当時のホストファミリーとは「いまだに繋がっている」と話し、「4年前にも会いに行きましたね。こういう仕事をしているよとメールすると『調子に乗ってはダメだよ』と。本当にお父さんとお母さんなんです」とうれしそうに紹介していた。

 「バズ・ライトイヤー」は、劇場版アニメ「トイ・ストーリー」シリーズに登場する少年アンディのお気に入りのおもちゃ、バズ・ライトイヤーの原点を描いた作品。アンディが人生を変えるほど夢中になった映画という設定で、有能なスペース・レンジャーとして活躍するバズの姿を描く。

 舞台あいさつにはお笑いコンビ「かまいたち」の山内健司さん、りょうさんも登壇。この日、ステージでは公開を祝しての鏡開きを実施した。4人が木づちを叩くと紫と緑色の“バズ・ライトイヤーカラー”の銀テープが空中を舞い、会場を盛り上げた。

写真を見る全 20 枚

映画 最新記事