劇場版 からかい上手の高木さん:第1弾入場者プレゼント小冊子「“映画”巻」再配布 第6弾は描き下ろしイラストボード

「劇場版『からかい上手の高木さん』」の第6弾入場者プレゼント「原作者・山本崇一朗描きおろしイラストボード」(C)2022 山本崇一朗・小学館/劇場版からかい上手の高木さん製作委員会
1 / 6
「劇場版『からかい上手の高木さん』」の第6弾入場者プレゼント「原作者・山本崇一朗描きおろしイラストボード」(C)2022 山本崇一朗・小学館/劇場版からかい上手の高木さん製作委員会

 山本崇一朗さんの人気マンガが原作のアニメ「からかい上手の高木さん」の劇場版「劇場版『からかい上手の高木さん』」(赤城博昭監督)の第1弾入場者プレゼントとして配布された小冊子「からかい上手の高木さん “映画”巻」が再配布されることが分かった。第1話「消しゴム」のリライト、完全新作エピソードといった山本さんの描き下ろしマンガなどを掲載した全68ページの小冊子で、7月8日から再配布されることになった。

 第6弾入場者プレゼントとして9月15日からB5サイズのイラストボードが配布されることも発表された。6月25日に開催された舞台あいさつで公開された山本さんの描き下ろしイラストがデザインされる。

 テレビアニメシリーズは、エンディング(ED)で高木さん(高橋李依さん)が「気まぐれロマンティック」などさまざまな名曲をカバーしたことも話題になったが、劇場版でも週替わりでエンディングが変化し、高木さんが名曲をカバーする。第1週は「I WiSH」の「明日への扉」、第2週は「BUMP OF CHICKEN」の「天体観測」、第3週は「Every Little Thing」の「fragile」、第4週は「flumpool」の「君に届け」のカバーが流れた。第5週以降は再び第1週の「明日への扉」が流れ、順次週替わりでEDが上映されることが発表された。

 「からかい上手の高木さん」は、山本さんの人気マンガが原作。恋愛に奥手な中学生の西片が、学校で隣の席の高木さんにからかわれる日常を描いている。「ゲッサン」(小学館)や別冊の「ゲッサンmini」で不定期で掲載され、人気を受けて2016年に「ゲッサン」本誌の定期連載に“昇格”した。テレビアニメ第1期が2018年1~3月、第2期が2019年7~9月、第3期が2022年1~3月に放送された。劇場版は、高木さんと西片の“中学最後の夏”が描かれる。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事