テッパチ!:佐野勇斗が音楽隊に憧れる自衛官候補生に “宙”町田啓太とバディー

連続ドラマ「テッパチ!」で馬場良成を演じる佐野勇斗さん(C)フジテレビ
1 / 2
連続ドラマ「テッパチ!」で馬場良成を演じる佐野勇斗さん(C)フジテレビ

 俳優の町田啓太さん主演の連続ドラマ「テッパチ!」(フジテレビ系、水曜午後10時)が7月6日に始まる。陸上自衛隊を舞台に、青年たちの成長と熱い思いを描くオリジナル作。防衛省の全面協力下、陸自で使われている車両やヘリコプターなども登場する。第1話は15分拡大放送。2部構成。第1部で国生宙(町田さん)らが陸自候補生として厳しい訓練を受けて自衛官になっていく姿が描かれ、第2部で陸自隊員として本隊に配属されて現場任務に当たる物語だ。

 ここでは、佐野勇斗さん演じる自衛官候補生・馬場良成(ばば・よしなり)を紹介する。

 ◇真面目で心優しい性格

 馬場は24歳の真面目で心優しい性格の自衛官候補生だ。学生時代は吹奏楽部でトランペットを担当。一般企業に就職したが、自衛隊音楽隊に憧れて自衛官候補生になる。誰よりも思いやりがあり、個性強めな候補生たちの緩和剤的存在に。座学は優秀だが、優し過ぎる。宙とは真逆のタイプだが、時間がたつにつれて誰よりも頼れる大切な存在になっていく。

 ◇初回ストーリー

 宙は高校時代にラグビー部のエースとして活躍した。独り善がりで強引なプレーがもとで負傷。孤立したまま引退した。卒業後はその日暮らし。

 ある日、ケンカが原因で警察沙汰になった宙は、仕事をクビになった上、住んでいたアパートも追い出される。

 宙に声を掛けてきたのが、陸自3等陸佐で東部方面北東京駐屯地で教育中隊長をしている八女(北村一樹さん)だった。最初は拒絶したものの、仕事も決まらず、生活もままならない状況の宙は、中途半端な気持ちで自衛官候補生採用試験を受けて候補生になった。

 入隊日、宙らの前を通ったのが、防衛大学校を卒業したエリート自衛官で、宙たちを指導する教官の一人、冬美(白石麻衣さん)。思わず見とれてしまう宙。

 第一班に所属した宙と寮で同室になったのは、馬場良成の他、ガンマニアの丸山栄一(時任勇気さん)、暗い過去を持つ武藤一哉(一ノ瀬颯さん)、かつて芸人を目指していた渡辺淳史(坂口涼太郎さん)、小説家志望の小倉靖男(池田永吉さん)、最年少の西健太(藤岡真威人さん)。そして、宙が警察沙汰になった際のケンカ相手だった荒井竜次(佐藤寛太さん)もいて……。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画