芦田愛菜:22年上半期CM女王は放送回数でもトップ CMキングは草なぎ剛、斎藤工、滝藤賢一、二宮和也の4人

芦田愛菜さん
1 / 1
芦田愛菜さん

 2022年上半期のCM女王に輝いた女優の芦田愛菜さんが、CM放送回数の男女総合ランキングでも首位を獲得したことが7月6日、明らかになった。同日発表された「2022年上半期 TV-CM放送回数ランキング」(エム・データ)によると、芦田さんの放送回数は1万124回。2位は斎藤工さんで9706回だった。女性2位に今田美桜さん、同3位に米倉涼子さんがランクイン。男性1位は斎藤さんで、2位が宮川大輔さん、3位が松坂桃李さんとなった。

 併せて「2022年上半期 TV-CMタレントランキング」も発表された。芦田さんは、リクルート、ソフトバンクなど15社に起用され、男女合わせてトップとなった。女性2位は14社のCMに出演した川口春奈さん、同3位は13社の本田翼さん。

 男性トップには、草なぎ剛さん、斎藤工さん、滝藤賢一さん、二宮和也さんの4人が9社で並んだ。男性2位は、8社の神木隆之介さん、櫻井翔さん、高橋一生さん、人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんの4人。同3位は、7社のお笑いコンビ「サンドウィッチマン」、菅田将暉さん、松岡修造さん、矢本悠馬さん、吉沢亮さんとなった。

 「2022年上半期 TV-CM急上昇ランキング」では、新庄剛志さん、「Sexy Zone」の中島健人さんが、2021年下半期から共に6社増え、それぞれ6社、8社で首位となった。

 ランキングは今年1月1日から6月30日に、東京地区、地上波キー局で放送されたテレビCMに出演、登場した人物が対象。

テレビ 最新記事