松田るか:久々のポッピーピポパポ役で「仮面ライダーリバイス」スピンオフに参戦 「不思議な感覚になりました」

「仮面ライダージャンヌ&仮面ライダーアギレラ withガールズリミックス」に出演する山本ひかるさん(左)と松田るかさん (C)東映特撮ファンクラブ (C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 5
「仮面ライダージャンヌ&仮面ライダーアギレラ withガールズリミックス」に出演する山本ひかるさん(左)と松田るかさん (C)東映特撮ファンクラブ (C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 女優の松田るかさんが、2016~17年に放送された特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」(テレビ朝日系)のポッピーピポパポ役を再び演じることが7月17日、明らかになった。放送中の「仮面ライダーリバイス」(テレビ朝日系、日曜午前9時)のスピンオフドラマ第3弾「仮面ライダージャンヌ&仮面ライダーアギレラ withガールズリミックス」に同役で登場する。

 ポッピーピポパポは、「仮面ライダーエグゼイド」に登場した音楽ゲーム「ドレミファビート」の完全体バグスター。仮面ライダーエグゼイドたちをナビゲートする女性として活躍した。

 松田さんは「『エグゼイド』放送時から数年が経過していたので、ちゃんと皆様の中にいるポッピーになれるのか少し不安はありましたが、衣装を着るとそんな不安は消え、懐かしいのに『いつものだ!』という不思議な感覚になりました」とコメント。

 「ライダーに変身といえば少し前までは男の子の特権でしたが、女の子たちもライダーになって平和を守るために皆と共闘できるようになったのはとてもすてきだと思います。今作では、女の子たちそれぞれの強みや個性を生かした戦闘スタイルが、さらにガールズライダーたちの魅力を引き出しています。エグゼイドを見ていた方にも、特撮ファンの皆様にも喜んでいただけるシーンが盛りだくさんなので、ぜひお見逃しなく!」とアピールした。

 山本ひかるさんの出演も発表された。山本さんは2009~10年に放送された「仮面ライダーW」の鳴海亜樹子役で登場。「なななんと鳴海亜樹子として登場するのは11年ぶりです! 『またいつかどこかで』という言葉がかなってうれしいです」と話し、「久しぶりに亜樹子を演じられるということで、台本を読んでからずーっとワクワクしていました。念のため、家で『仮面ライダーW』を見ながら亜樹子の動きを練習したり(笑い)」と裏話を明かした。

 「仮面ライダージャンヌ&仮面ライダーアギレラ withガールズリミックス」は、仮面ライダージャンヌ/五十嵐さくら(井本彩花さん)と仮面ライダーアギレラ/夏木花(浅倉唯さん)を中心とした物語。オールスターが共演し、「仮面ライダーゼロワン」(2019~20年)のイズ(鶴嶋乃愛さん)、「仮面ライダーセイバー」(2020~21年)の神代玲花(アンジェラ芽衣さん)も登場する。全3話で、8月7日からアプリサービス「東映特撮ファンクラブ(TTFC)」で配信される。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事