機動戦士ガンダム サンダーボルト:フルアーマーガンダム、サイコ・ザクのガンプラが10周年記念バージョンに

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のフルアーマーガンダムと高機動型ザク“サイコ・ザク”のプラモデルの10周年記念バージョン
1 / 2
「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のフルアーマーガンダムと高機動型ザク“サイコ・ザク”のプラモデルの10周年記念バージョン

 太田垣康男さんのマンガ「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の連載10周年企画の一環として、フルアーマーガンダムと高機動型ザク“サイコ・ザク”のプラモデル(ガンプラ)の10周年記念バージョンが制作されることが分かった。フルアーマーガンダムは、黒い武装や関節がメタリック仕様となり、各部の赤、紺色も彩度を下げて、白い装甲をミリタリーグレーにする。サイコ・ザクは、全身がワインレッドで、明るいだいだい色の色味を落とした。グレー、黒のケーブルパーツ部はメタリック仕様となる。太田垣さんがパッケージイラストを描き下ろす。発売日などの詳細は今後、発表される。

 連載誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)では、7月21日発売の16号から10号連続で、B4判アートボードをプレゼントするキャンペーンを実施する。太田垣さんが描き下ろしたモビルスーツがデザインされ、各10人、計100人にプレゼントする。第1弾は、パーフェクト・ガンダム。

 画集「機動戦士ガンダム サンダーボルト 太田垣康男ART WORKS」(同)が、9月30日に発売されることも発表された。フルカラー240ページで、太田垣さんのロングインタビューも掲載される。描き下ろしイラストを使用した2枚のB2判ポスターが付く。コミックス第20巻も同日、発売され、限定版には、32枚のB5判ポスターが入ったミニポスターブックが付属する。

 「機動戦士ガンダム サンダーボルト」は、「MOONLIGHT MILE」などで知られる太田垣さんのマンガで、「ビッグコミックスペリオール」で2012年に連載をスタート。一年戦争のサンダーボルト宙域での地球連邦軍とジオン公国の戦い、一年戦争後のジオン残党軍、連邦、南洋同盟の戦いなどが描かれ、アニメも人気を集めている。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事